◎トーセンバジルは7着 新潟記念の馬券結果と反省

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

◎トーセンバジルは7着でした 

トーセンバジルはまずまずのスタートから、スペースがある中でのんびりと進めたところ、いつの間にか後方3番手までポジションを落として3コーナーへ。
そのままコーナーでも様子を見ながら進めて、4コーナーでも後方のまま直線を向いて進路を大外へ。
直線では他馬とは併せず外ラチ沿いへ誘導して激しく追われ、ジリジリとは来るものの伸びきれずの7着でした。

ポジション悪すぎと思った方は、ポチっとお願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

戦前予想コメントはこちら ↓
新潟記念 本命◎トーセンバジル

😱ひえ~、何であんな後ろからなの!

馬 券

購入馬券照会_20170903

展 開

ペースは前半4Fが46.9で、後半4Fが46.6の上り3F34.6。

ハロンラップが12.9 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 11.2 – 12.0。

平均ペース。コーナーでラップが緩んでからのラスト3F戦で、ラスト1Fは落とす形。
これならばバテ差しが決まりそうなものの、マイネルフロストが思ったよりも前目にいなくて、しかも動かなかったこともあり、完全に前残りのレースとなりました。

トーセンバジルはスタートから出たなりに進めすぎ。隣のマイネルフロストが思いのほか前に行かなかったことも影響したのか後方3番手まで下がってしまい、まったく意味のない上り最速となりました。

岩田ジョッキーには、もう少し工夫した騎乗をしてほしかったです。



反 省

ミルコと大知がもっと積極的に行くと思っていたので、前残りになるとは意外でした。
またレース予想時に、トーセンバジルのポジションが後ろ過ぎなければいいなと思っていましたが、その悪い懸念が現実となってしまいました。

思い返せば、函館記念のレッドソロモンで単複勝負した時も、岩田ジョッキーは後方のままで意味のない上り最速でした。
以前の岩田ジョッキーは、ズブい馬を動かすことが得意だったはずですが、最近は序盤に動かしていかなければいけない状況だとダメなのかもしれません。ガシガシ行かなくなったというか。

これについては、今後の馬券を選択する際に考慮するようにします。

夏のローカル開催が終了しました。
狙い過ぎたところもあれば、安易に1番人気を選択したレースもあり、良い成績を収められませんでしたが、ダメなところは素直に認めて、秋競馬で挽回したいです。

来週も頑張ります!


ランキングに参加しています。

 していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました