◎バケットリストは10着 フラワーカップの馬券結果と反省

馬券結果と反省
応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

◎バケットリストは10着でした 

バケットリストはまずまずのスタートも3番の馬と接触。すぐに立て直して折り合い、好位内々で1コーナーへ。2コーナーまでに番手内々のポケットに上手く収まりバックストレッチへ。
そのまま3コーナーを通過して4コーナーも内々の番手で直線へ。
直線では外に進路を取って追われるも伸びずの10着でした。

この競馬で見せ場さえないとは・・、ポチっと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

戦前予想コメントはこちら ↓
フラワーカップ 本命◎バケットリスト

見る目がないとしか言いようがないけど・・。くよくよせず、挫けず行こう!

馬 券

購入馬券照会_20180317

展 開

ペースは前半4Fが49.4で、後半4Fが47.7の上り3F35.5。

ハロンラップが12.6 – 11.8 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 12.2 – 11.8 – 11.5 – 12.2。

先週の中山牝馬ステークスとほぼ同じ流れ。今年の中山の馬場では基本こんな感じで、スローで仕掛けも遅く、直線入りで加速となるのでしょうか。
翌日のスプリングステークスも1頭飛ばしたのを除けば、おおよそこんなラップだと思います。

何だか展開を考えるのが嫌になりそうですが、基本このパターンなんだと、やっぱり前の方が有利なんだとインプットしておきます。

バケットリストは私が想定したとおりの騎乗をミナリクがやってくれたので、勝負所までは「これはイケるか」と思いましたが、直線サッパリでした。
これで負けたら、状態が落ちもあるかもですが、そもそも実力負けでしょう。




反 省

んー、ダメですね。
狙い過ぎているつもりはないのですが・・。

前走の出遅れ不利と、前々走の若竹賞での好走、またこの距離を執拗に使われてきたことから、バケットリストに飛びついてしまいましたが、能力の下地がなかったということでしょうか。

全出走馬の前走不利を確認することは大切だと、今でもこれは間違いないと考えますが、所詮は能力がないと通用しない訳で、そこをもう少し慎重に見極める必要がありました。良く反省して、今後に生かしたいです。

レース前まで、ミルコが牝馬クラシックに乗る馬が決まっていなかったので(その後、桜花賞はレッドレグナントで決定)、意地でもカンタービレを持ってくると。こりゃミルコに逆らっちゃダメなやつだと考える人が勝ち組なのかな。

カンタービレは2戦目の未勝利戦が素晴らしい走りで、能力の下地はここではっきりしていたし、こうやって素直に考えなければダメでしたね。

来週も頑張ります!


ランキングに参加しています。

 していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました