富士ステークス 本命◎ロジクライ

ロジクライは、昨年の富士ステークスの勝馬ですから、連覇を狙う立場。

でも、アドマイヤマーズやノームコアが人気となるメンバー構成で、気楽な立場とも言えます。

安田記念で悪役となってしまった人馬。ここで汚名返上の連覇を成し遂げたいところでしょう。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  
 

 
 上の動画は2018年10月20日の富士ステークス。

ロジクライは、逃げ馬を見ながら追走して、直線一気に抜け出すこの馬の勝ちパターンで完勝。平均ペースから直線でもうひと踏ん張りできるのは、不良馬場の今回、大きな武器です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ロジクライで単複勝負します!

レースの大局観

今年の富士ステークスの全体像は、こんな感じ。

  • 不良馬場でフルゲート18頭立て
  • アドマイヤマーズは古馬初対戦で斤量57キロ
  • ノームコアは骨折明け、ヴィクトリアマイルとは真逆の馬場

展 開

ロジクライ云々はちょっと置いといて、今回アドマイヤマーズは非常に厳しいと思います。

この時期の3歳馬が古馬と対戦するならば、斤量は54キロか、せいぜい55キロが妥当なところ。それが別定重量とはいえ57キロでは、いくらG1馬でマイル戦負けなしでも、不利であることは間違いないです。

毎日王冠のダノンキングリーだって54キロ。冷静に判断して、ここはアドマイヤマーズが馬券外に飛ぶことを想定したいです。

ロジクライはキレ味勝負では分が悪いので、馬場悪化はプラスに働くはず。しかも午後までには内が悪くなるでしょうから、外枠もプラスだと思います。

左回りのマイルがベスト。前年の覇者。ハイペースについていく展開にさえならなければ、ロジクライがここで走らない理由はないと考えます。

人馬ともに安田記念で酷いことになってしまったので、武豊ジョッキーはここをキッチリと勝ち切って気分を晴らしたいはず。しっかりと乗ってくるでしょう。

ロジクライが直線で抜けだすと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました