日経新春杯 京成杯 今週の気になる注目馬

エキストラエンドが引退、種牡馬入りするそうです。
重賞の勝利は京都金杯の1つだけでしたが、長らく古馬のマイル戦線を沸かせた名わき役でした。

今、競争成績を見ているところですが、なんと38戦のうち21人のジョッキーが乗っています。
川田、福永、中館、M.デムーロ、岩田、田辺、戸崎、C.デムーロ、内田、松岡、ルメール、横山典、三浦、ビュイック、小牧、蛯名、吉田隼、松田、浜中、アッゼニ、バルザローナの21人です。
これって記録かもしれませんね。


応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

日経新春杯 1月15日(日) 京都 芝2400m G2

週末の天気が心配ですが、出走予定馬をパッと見ただけでヤマカツライデンが面白そうです。

主な出走メンバーの脚質

  • ヤマカツライデン:逃げ
  • ミッキーロケット:差し(溜めたい)
  • カフジプリンス:差し(動きたい)
  • レッドエルディスト:差し(溜めたい)
  • モンドインテロ:差し(中間?)
  • シャケトラ:差し(溜めたい)
  • レーヴミストラル:追い込み(溜めに溜めたい)
書くまでもないですが、ヤマカツライデンは逃げの一手。
出走メンバー中、他に逃げ馬がいないどころか、先行タイプの馬さえいません。

ペース

ヤマカツライデンの前走、京都大賞典では逃げるも8着惨敗でした。
敗戦理由ですが、一流どころと初対戦だったからというよりは、逃げるペースに問題があったと思います。
過去の戦績から、ヤマカツライデンは超スローからの切れ味勝負では勝ち目がないのに、そのような流れを自ら作ってしまいました。

今回は池添ジョッキーが前半を平均に近いペースで行くことができるか。
ぜひ大逃げを期待したいです。




京成杯 1月15日(日) 中山 芝2000m G3

ホープフルSを完勝したレイデオロが、3歳クラシック路線で頭1つリードしていると言えるでしょう。
そのホープフルSで2着のマイネルスフェーンが今回人気になるでしょう。

またレイデオロは前々走の葉牡丹賞も完勝ですが、そこで2着したのがコマノインパルス

レイデオロのパフォーマンスから、この2頭はここで好走してもらわなければ困ります。

ではマイネルスフェーンとコマノインパルスのどちらが強いか。
それぞれのレースをご覧ください。

まずはホープフルS。ゼッケン11番がマイネルスフェーンです。

この時の鞍上はシュミノーですが、内々をほぼ完ぺきに乗られています。

では次に葉牡丹賞。ゼッケン12番がコマノインパルスです。

コマノインパルスは終始外々を回りましたし、勝負どころで先に動いてしまった分、レイデオロの進路を作ってあげた感じになってしまいました。

この2頭ならば、鞍上も込みでコマノインパルスの方に魅力を感じます。

もちろん出走馬はこの2頭だけではないですので、枠順決定を待って再検討しようと思います。

※愛知杯は難解すぎてまったく当たる気がしませんので、購入を見送りとします。


お読みいただいたしるしに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました