フェブラリーステークス 有力馬の乗り替わりと馬場状態

今週の注目馬
いよいよ今年最初のG1フェブラリーステークスが行われます。

昨年の覇者モーニン、一昨年に連覇を達成したコパノリッキー。

この舞台を得意とするスターホースが健在の中で、今年はどの馬が制するのか。

本命を固める週末まで、フェブラリーステークスを段階的に考察していきたいと思います。


フェブラリーS 2015

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

フェブラリーS 2月19日(日) 東京 ダート1600m G1

有力馬にこれだけ乗り替わりがあるのは珍しいのではないでしょうか。

少々注意が必要かと思います。

サウンドトゥルー

主戦の大野ジョッキーが騎乗停止。鞍上がまだ未定とは如何ともしがたい。

発走前からツキに見放された感じがします。  

カフジテイク

この馬も福永ジョッキーが落馬により乗り替わりで、津村ジョッキーにチャンスが回ってきました。

前哨戦の根岸Sを鮮やかな追い込みで制しましたが、正直これは戦力ダウンでしょう。

モーニン

1年前のこのレース以来勝ち鞍のないモーニンの手綱は、名手ライアン・ムーアに託されました。

先週のマカヒキで勝てなかった優勝請負人は2週続けて負けられない。

コパノリッキー

武豊ジョッキーに手綱が戻ります。

この馬の弱点は誰もが知っていますが、その弱点をカバーする騎乗ができるか。困難なミッションです。

乗り替わりのない有力メンバー

  • ベストウォーリア:戸崎ジョッキー。過去2年このコンビで3着と4着。不調の鞍上が過去より良い成績をここで納められるか。
  • ゴールドドリーム:M.デムーロが前走に続き騎乗。その前走チャンピオンズCは2番人気を裏切った形で、リベンジなるか。
  • ノンコノユメ:ルメールが騎乗。セン馬となって結果が出ていない現状も、昨年の2着馬が得意な舞台で激走あるか。   

馬場状態

先週のダートは土日とも良馬場で行われました。

日曜日のバレンタインS(OPダート1400m)の勝ちタイムが1.24.0。

時計がかかるパサパサのダートでした。

ラップは以下のとおり。淡々と流れたこともありますが、最後の1Fで止まっています。

12.5 – 11.1 – 11.8 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 13.1

週間天気予報から、レースまでに雨が降ることはなさそうです。

フェブラリーステークス当日も良馬場と決め打って予想しても問題ないでしょう。


お読みいただいたしるしに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました