東京ダート1600mで走る馬を狙う!フェブラリーステークス

前回、乗り替わりについて書きましたが、サウンドトゥルーの鞍上が水曜夜の段階でまだ未定でした。

きっとフェブラリーSに除外になる馬の騎手に乗ってもらおうという算段なのでしょう。 
と思っていたのに、結局鞍上は柴田善ジョッキーに決定。一体何があってギリギリまで発表しなかったのでしょうか?
まあどうでもいいですが…。

さて今回は、近走の成績は悪くても東京ダート1600mで変わり身を見せるであろう馬に注目します。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

フェブラリーS 2月19日(日) 東京 ダート1600m G1

ゴールドドリーム

東京ダート1600mで3戦2勝2着1回。

ここでは、昨年の武蔵野Sの動画を紹介します。青帽8番です。

タガノトネールがレコード勝ちしたレースですが、以下の点に注目です。

  • 古馬初挑戦。出負けで道中もスムーズでないにもかかわらず2着。
  • この時の3着がカフジテイク。年齢差の恩恵がなく同斤量だった(重賞勝ちありのため)。
  • スピード馬場が得意のモーニンにも先着(モーニンは斤量59キロで7着)。
ゴールドドリームの前走チャンピオンズCも要確認ですが、それはもうグダグダなレース。

出負けして、出して行った後に引っかかり、3コーナーのペースアップに巻き込まれてと、負けるべくして負けたものです。

ここで人気を落とすようならば絶好の買いでしょう。

まあ人気落とさないでしょうけど・・。   

ノンコノユメ

東京ダート1600mで6戦4勝、2着1回、3着1回。

ここのところ末脚不発というか、去勢後に結果が伴いませんが、脚質がそもそも地方の小回りに合わないです。

ここでは、一昨年の武蔵野Sの動画を紹介します。緑帽10番です。




斤量58キロにもかかわらず、ものすごい末脚です。
ラスト1Fが12.5とかかりましたので、こうなるとノンコノユメはやってきます。

レース展開を考えて、ラストがかかると見込めればこの馬でしょう。  

状態うんぬんで論じるよりコース替わりに着目すべきと思います。 

コパノリッキー

最後はこの馬。フェブラリーSを2勝しているので、この舞台が良いことは当然。
と思いきや、東京ダート1600mは4戦2勝で3着1回と着外1回。

物凄く得意かといえば、そうでもないです。

コパノリッキーはこの舞台でというよりは、ここ3戦敗退していることが肝です。

マークが緩くなって外から被せてくる馬がいないようであれば、圧勝もあり得るのかなと注目しています。

いや、マークが薄くなるなんてことはないか。

これも枠順と展開次第でどうするか決めたいです。


ランキングに参加しています。
どれかにポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました