コパノリッキーは14着 フェブラリーステークスの馬券結果と反省

コパノリッキーは14着でした 

フェブラリーステークスの予想コメント
 

コパノリッキーは何とか五分に出たスタートから押して先行策に出るも、外のインカンテーションとニシケンモノノフもハナを主張したため、ハナを諦めて内から中目に持っていき3番手を追走。
ハイペースから3~4コーナーで緩む流れを、外からケイティブレイブに並ばれそうになりながら直線へ。
直線で追い出されるも伸びを欠き、そのまま馬群に沈んでまったく見せ場のない14着でした。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

馬 券

 購入馬券照会_20170219

展 開

ペースは前半3Fが34.0で、上り3F36.1。
3~4コーナーで12.2-12.8と中弛みしたとはいえ、かなりのハイペースになりました。

パサパサの良馬場でハイペースの中弛み。
この流れを読んだのか、3~4コーナーで外々を回って前に取り付いたミルコジョッキーの好判断が光ります。
本当にこの騎手のG1での判断力には恐れ入ります。

コパノリッキーはハナを奪える展開か、番手で外から被されない隊列を望んだと思います。
そういった意味では3番手外に付けることができて、これも武豊ジョッキーは最善の騎乗だったと思いますが、何しろこのハイペースでは辛い。

勝ったゴールドドリームは別ですが、1400mを得意とする馬が上位に来たのは、テンから3F目も早いラップを刻む厳しい展開になったからでしょう。

コパノリッキーが好走するには難しい流れでした。
ノンコノユメ、サウンドトゥルー、アスカノロマンも同様の理由から、この流れでは厳しい。
違う理由では、軽い馬場のスピード勝負が得意のモーニンも好走できない流れでした。



反 省

ニシケンモノノフの横山典ジョッキー得意の逃げ戦法までは分かりますが、インカンテーションが捨て身の逃げを打ってくるとは、さすがに読めません。

本命をどれにするか、ノンコノユメ、ゴールドドリーム、コパノリッキーの3択で迷いました。
コパノリッキーを選択した1番の理由は、得意な舞台に戻ってきた実力馬は好走するという持論からですが、パサパサの良馬場で、先行争いがなくペースが上がらない、この2つの要素からもいけるだろうと考えました。

ノンコノユメはペースが上がらないと思って切り、ゴールドドリームは良馬場では厳しいと思って切りました。
ともに勝ち切るイメージが持てなかったですが、まさかゴールドドリームが良馬場でこんなパフォーマンスを見せるとは・・。

どうも噛み合わない予想が続きますが、修正できるところは修正して、でも持論として思っているところは変えずに行くつもりです。

それにしてもゴールドドリームが2番人気になるとは、最近の競馬ファンは本当に優秀だなぁと思います。
タガノトネールが出ていたら勝てたかな?良馬場では難しいかな?


ランキングに参加しています。
どれかにポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました