スプリンターのピークは短い? スプリンターズステークス 注目馬

いよいよG1スプリンターズステークスが中山競馬場で行われます。
昨年はビッグアーサーが絶対視されていましたが、今年は断然人気となる馬が不在で難解な予想となりそうです。

以前は、スプリンターのピークは短いと言われたものです。
過去10年で見ると、同一年で高松宮記念とスプリンターズステークスを制覇した馬は、ロードカナロアとローレルゲレイロの2頭のみ。
スプリンターズステークスの連覇はロードカナロアのみです。
ロードカナロアは別格として、ローレルゲレイロは前哨戦で大敗して本番を6番人気で迎えたもので、実力の割にマークが薄くなった背景があります。

ストレイトガールのように、長い期間をかけて強さを維持した馬もいるので、今の時代でスプリンターのピークは短い云々を言うこと自体が間違っているかもですが、まあこの切り口で検討することに意義はあるでしょう。

同一年のスプリントG1制覇はセイウンコウセイにしか権利がありませんので、広い意味で、今回出走するG1馬は力を出し切れるか、考えてみます。

  

ありがとうございます!ランキングにご協力を^_^





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

スプリンターズステークス 10月1日(日) 中山 芝1200m G1

セイウンコウセイ

重賞初制覇がいきなりG1高松宮記念で、まだこれからの馬と言えば聞こえがいいですが、かつてのビックネームたちに比べると、小粒感は否めない。

56キロで出走できた前走の函館スプリントSでジューヌエコールに負けてしまったのもいただけないです。

それより何より、高速馬場で勝ち切った経験がないことはかなりの不安材料です。その反面、馬場悪化で時計がかかればこの馬か。

週末は良馬場の時計勝負を想定しますので、この馬での単複勝負に魅力は感じないです。

レッドファルクス

昨年の勝馬ですが、レッドファルクスは左回り専門で使われてきたという事実を忘れてはいけません。

おそらくこの馬が1番人気。それに見合うだけのリターンが期待できるかと言えば、NOかなと思います。
なりふり構わず追ってくる鞍上ミルコは魅力ですが、うーん。

前走の安田記念は、直線で捌ければ勝ち負けまであったと思うし、少なくとも現段階でピークが過ぎたとは思えません。

これは週末まで悩むしかないです。



ビッグアーサー

これも悩ましい。昨年のこのレースは、普通に捌ければこの馬が勝っていたでしょう。
実力はNo.1に見えますが、実はそれほど重賞を勝ちまくった訳ではなくG1を1勝とG2を1勝。

前哨戦を使えなかったことの影響、非社台系の長期休み明け、それこそピークは過ぎてしまっていないか、んーこれは難しい。

でも、逃げたらこれが勝つのではないかな、とも考えています。
以下の動画は2016年のセントウルステークスですが、このレースをされたら今回出走する馬たちは歯が立たないでしょう。

G1馬でもスノードラゴンはさすがに厳しいでしょうし、レッツゴードンキは出走未定のようなので割愛します。

ひとまず今回の単複勝負では、G1馬の中で「絶対これで行こう!」という馬はいませんね。
何だかとりとめもない形になってしまいましたが、他の馬たちを含めて考えていく必要がありそうです。
予想を楽しみましょう!


ランキングに参加しています。

 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました