◎クルーガーは8着 東京新聞杯の馬券結果と反省

馬券結果と反省
応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

◎クルーガーは8着でした 

クルーガーは好スタートからポジションを取りにインへ誘導し、好位内々の3列目を確保。
流れに乗りながら前にスペースを置いて3コーナーを迎え、残り600mから追い出しを開始して最後の直線へ。
直線では手応えのあやしい逃げ馬の後ろに入ってしまい、加速できず進路も迷いながら、なだれ込むだけの8着でした。

この騎乗は酷いよと思った方、ポチっと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

戦前予想コメントはこちら ↓
東京新聞杯 本命◎クルーガー

浜中トラウマの東京新聞杯でインに行きそうと読んどきながら、買っちゃダメでしょ。次行こっ、次!

馬 券

購入馬券照会_20180204

展 開

ペースは前半4Fが47.6で、後半4Fが46.5の上り3F34.1。

ハロンラップが12.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2 – 12.4 – 11.1 – 11.0 – 12.0。

当然にトウショウピストがハナで、流れ的にはラスト800mからの1Fが12.4と溜めることは意外も、やっぱりラスト1Fを12.0と落とす形となって、ほぼ想定通りの流れ。

クルーガーは、これも私の想定通りで、浜中ジョッキーがインの3列目を取りに行き、前にスペースを取って直線までは完璧に運んでいました。

が、直線でなぜ逃げ馬の後ろに入ったか?詰まるのも悪い意味で想定通りなのですが・・。

前が垂れるのは分かっているのだから、そこはダメでしょというところにわざわざ突っ込み、しかもラスト100mで内側後方を確認する浜中ジョッキーを見る限り、やっぱりこのコースは2年前のトラウマとして怖いのかな、と思いました。

最後の直線で、普通にマイネルアウラートの外に出せば(十分に進路があった)、勝てはしなくても馬券内はあったのではないかと思います。

結局ノーステッキですから。鞭打てば走る訳ではないですが、非常に残念な騎乗でした。



反 省

本命◎予想の記事でも書きましたが、ちょっと選択を迷ったのが本音です。

このブログをよく読んでいただける方ならば「今回リスグラシューじゃないのか?」と思われたかもしれません。私の選択パターンですと、コース実績があって前走負けていて、鞍上が主戦に戻るリスグラシューを狙うっぽいと。

でもどうしても、リスグラシューの斤量55キロが気に入りませんでした。
結果、全然関係なかったですね。やっぱり強いです。この馬は。

本命◎予想の記事で、前日の馬場からの読みを書きましたが、もちろん節分Sで勝ったロジクライと3着馬もハーツクライ産駒で、リスグラシューを後押ししていることは分かっています。
分かっていても、クルーガーのバテ差しを期待したのですから、これはもう私の勝負弱さです。

それにしても、浜中ジョッキーは昨年のエプソムカップでダッシングブレイズを勝利に導いて、2年前の落馬を吹っ切れたものと考えていましたが、今日を見る限りダメですね。吹っ切れてないっぽいです。

私たち競馬ファンには分からないですが、やっぱりあの落馬はメンタルを相当にやられているのでしょうか。浜中がラスト100mで誰もいない内の後ろを振り返ったのを見て、何だかなあと思いました。

もっとドライに馬券選択します。勝ちに行けない鞍上では、勝負になりません。

愚痴っぽくなりましたが、今日の反省はこんなところです。

来週も頑張ります!


ランキングに参加しています。

 していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました