皐月賞 本命◎タイムフライヤー

タイムフライヤーはこのレースで唯一のG1馬。
前走の若葉ステークスでの敗戦と、ルメールから内田ジョッキーへの乗り替わりで、大きく人気を落としました。

しかし、皐月賞と同じ舞台で勝利している実績は見逃せないし、トライアル戦とは異なる厳しい展開が予想される今回は、巻き返し必至と見ています。

前走で単オッズ1.2倍の馬を舐めたらダメ。ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は昨年暮れの2歳G1ホープフルステークスです。
タイムフライヤーは後方からの競馬も、3~4コーナーで押し上げ差し切り勝ち。今回も流れは向くはず。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

タイムフライヤーで単複勝負します!

推しの要素

前走で負けているタイムフライヤーをどう捉えるか。

前走の若葉ステークスはメンバー的に強敵不在でしたので、単純にあの負け方だけを見せられると、狙うのには勇気がいります。
ルメールが降りたのも、何だかノーザンファームの序列的に狙い辛いです。

が、この馬は前走で勝つ必要はなかった訳です。
賞金足りているし、試走だと思えば逆に買い要素となってきます。

要はモノの見方の問題で、本命党ならばタイムフライヤーは買いづらいでしょうけども、私のような買い方をする場合は、これは絶好の狙い目と考えます。

押しの要素は「前走負けたから」。
能力があることは分かっているし、絶対王者のダノンプレミアムが不在となった今回、主役を張るのはタイムフライヤーしかないでしょう。

なお皐月賞は、後方からキレる脚を使う馬には厳しいレースになります。
前年は9番人気のアルアイン、前々年は8番人気のディーマジェスティが勝つレースです。
感覚的に、キレる脚よりも、重厚な末脚を持つ馬を重視したいです。


展 開

ハナに行ければ行きたい馬が5頭ほどいます。
テンの1F目・2F目の速力を考えればエポカドーロがハナでしょうけども、いずれにせよ平均ペース以上で流れて、縦長の展開を想定します。

枠が発表された当初はタイムフライヤーは良くない枠だなと思いましたが、縦長になれば内で苦しむことはないと考えます。

また、前に行った馬たちは、力量的に3~4コーナーで垂れて下がってくるはず。
そうなると有力の好位勢は、きっと外を回さざるを得ない展開。

タイムフライヤーは、ホープフルステークスと同じように後方からの競馬になるでしょう。
勝負所の押上げで上手く捌く必要がありますが、コーナーで加速しながら押し上げたホープフルステークスでの経験が生きてくるでしょう。

雨の状況ですが、せいぜい稍重まででしょう。
キレる脚はやはり不要で、これもタイムフライヤーには好都合。

きっとゴール前は混戦なので、内田ジョッキーの剛腕を信じるのみです。

タイムフライヤーがゴール前で混戦を抜け出すと予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました