札幌記念 本命◎ネオリアリズム

ネオリアリズムがここに入れば、実力が1枚上であることは間違いない。
しかも得意の洋芝で、鞍上がモレイラ。
この札幌記念は普通に取っておきましょう。

マジックマン重賞初制覇だ。ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は2016年の札幌記念です。
ネオリアリズムは、ルメールが思い切った逃げを打ち、モーリスを抑え込んでの重賞初制覇。この舞台はベストです。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ネオリアリズムで単複勝負します!

推しの要素

ネオリアリズムを推す理由は、こんな感じ。

  • 定量戦のG2ならば力量上位。
  • 洋芝2000mはベストな舞台。
  • 平均ペースで折り合い不安解消。

ネオリアリズムは、重賞初制覇となった2016年の札幌記念以来、海外遠征または国内G1とG2中山記念に出走しました。そんな馬が、既に勝ったことがある舞台のG2に、他馬と同斤量で出走すれば、それは勝ちますよ。

速い脚を要求されない国内のG2に出走すれば、役者が違います。

状態面を心配されてなのか、または終わったと思われてなのか、ネオリアリズムを単勝二ケタ台にするのはチョットどうかと思います。

仕上げるのは堀厩舎で、鞍上はJRAの免許を取ろうかというモレイラ。ここは負けられない。


展 開

馬券を離れて見るだけでも楽しそうな展開です。

マルターズアポジーが出走するならば、いくらアイトーンが逃げ宣言をしても、ハナはアポジーでしょう。この2頭にマイスタイルが続き、一貫して流れる平均ペースで想定。

ネオリアリズムは、モレイラ鞍上で何とか折り合いたいところですが、このペースで8番枠ならば、クロコスミアを壁にして、すんなりと好位追走できるでしょう。隣がテンに遅いゴーフォザサミットというのも好材料。

どこかで息を入れたいネオリアリズムは、3コーナー手前から息を入れて、4コーナーで前を捕まえに行くはず。馬群が縦長なので、ここもスムーズでしょう。

ここはネオリアリズム圧勝まであると思っています。

ネオリアリズムが直線あっさりと抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました