ローズステークス 本命◎サトノワルキューレ

サトノワルキューレは休み明けで、この後のG1出走に向けて賞金が足りている立場。

ここで完調に仕上げているとは思えず、しかも今回のローズステークスは距離不足もあってか、単勝1倍台の断然の1番人気という程にはならなさそうです。

でも出走馬を見渡せば、ここでは実力が断然上。素直にサトノワルキューレを買っておくべきでしょう。

ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は今年のオークストライアル、フローラステークスです。
サトノワルキューレは最後方から直線大外に出して、全馬をゴボウ抜き。今回も、他馬との違いを見せつけたい!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

サトノワルキューレで単複勝負します!

推しの要素

サトノワルキューレを推す理由は、こんな感じ。

  • 例年のローズステークスとの相対比較。
  • メンバー構成からスロー確実。
  • 阪神1800mは脚質に合う。

まずは例年との比較から。
毎年、G1を好走してきた馬や重賞勝ち馬、夏に1000万クラスを勝ち上がった馬が数頭いるレースです。が、今年はメンバーがかなり手薄。

G1好走馬はトーセンブレス1頭で、重賞勝ち馬はサトノワルキューレとカンタービレだけ。夏の上り馬もウラヌスチャームが勝ちに等しい2着と、まあウスベニノキミも一応2着。有力馬の回避もあって、今年は低調なレースになりそうです。

それゆえ展開もスローになること必至。
実力的に強気に行ける馬がおらず、脚を持たせるために我慢をさせる鞍上がほとんどでしょう。

阪神1800mの、4コーナーでゆっくりと下って加速が出来るコース形態も、こういうメンバー構成の時にスローを誘発させる要因です。

こんな感じのレースでは、鞍上のミルコは無類の強さを発揮します。
この人だけが持つ感覚で、他馬が息を入れたがるところで仕掛けて行き、直線は勢いのままに豪脚を見せつける。何度も見てきた光景です。

今回のメンバー構成とミルコの騎乗を考えれば、サトノワルキューレの距離不足は、阪神1800mのコース形態で相殺されると見ます。


展 開

スローに流れることは間違いないでしょう。

サトノワルキューレは、道中最後方のいつも通りの形ならば、3コーナーからのロングスパートで十分に前まで届くはず。

スローだから前が有利だと、そういう考え方もあるでしょう。でも、サトノワルキューレに関しては、距離不足が心配されている状況なので、平均で流れて脚を削がれるよりは、道中緩いところで勢いをつけられるスローの方が良いでしょう。
といっても、縦長になってしまわないことが条件ですが、このメンバーならば縦長にならないでしょう。

変に包まれる内枠ではないし、土曜の馬場を見る限り、週中の雨の影響はそれほどなさそうなので、心配はほとんどないです。

サトノワルキューレが突き抜けて、久々にミルコの勝利ジョッキーインタビュー「いい馬、賢いね」を聞くことになるでしょう!

サトノワルキューレが大外一気で差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました