◎シークレットランは4着 京成杯の馬券結果と反省

馬券結果と反省
応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

◎シークレットランは4着でした 

シークレットランはまずまずのスタートから好位の外目で1コーナーへ。
しかしその後のスローな流れの中で動けず、3コーナーからのペースアップには手応え悪く追っ付け通しで、ムチが入って最後の直線へ。
直線では前との差が詰まらず、馬券内に届かずの4着でした。

このペースを読めない自分が情けない。ポチっと応援いただけたら嬉しいです!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

戦前予想コメントはこちら ↓
京成杯 本命◎シークレットラン

相変わらず馬券が下手くそ。そろそろ鞍上で考えたらどうだろうか。

馬 券

購入馬券照会_20190114

展 開

ペースは前半4Fが48.2で、後半が4F47.1の上り3F35.3。

ハロンラップが12.8 – 10.9 – 12.5 – 12.0 – 12.9 – 13.0 – 11.8 – 11.8 – 11.4 – 12.1。

序盤からスロー。バックストレッチでお散歩レベルの1F13.0となってから、3コーナーで1F11.8と一気にペースアップする流れになりました。

番手につけたルメールに上手く乗られた形で、それを察知したミルコはさすがに動きましたが、他のジョッキーは他人事のように工夫のない騎乗。

シークレットランは最も避けたかった一気にペースアップする流れになってしまい、こうなるとやっぱりついていくことが出来ずに、人気を裏切りました。




反 省

今回もペースを読み違えました。逃げ馬がいないけれど、何かが先導してある程度ペースを作っていくと勝手に解釈した自分が悪いです。

12頭立てだし、ペースが上がらない方で考えるべきでした。スローな流れならばシークレットランという選択肢はないわけで、これは反省が必要です。

シークレットランは、予想の段階でも書きましたが、予想通り一気にペースアップする流れでは難しい馬でした。前走を鮮やかに差し切ったのは流れたからで、7番人気の評価であったことも気楽に乗れる立場でよかったのでしょう。それを今回買うのは危険でした。

素直にランフォザローゼスにしておいて、傷口を広げないやり方にすべきでした。でも、過去2回連続でマーフィーを買って馬券外だったこともあって、今回もマーフィーを買うというのをためらってしまいました。情けないです。

言っても仕方ないので、気分を入れ替えて次週に臨みたいです。

来週も頑張ります!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました