京成杯 本命◎シークレットラン

3日間開催の最終日。重賞は中山で京成杯です。

シークレットランはここまで3戦2勝。前走は今回と同条件の中山2000mで2歳レコード勝ち。

強い馬は弥生賞やスプリングステークスまで待機中だし、京成杯はこんなタイプの馬が勝つものです。

ウッチー頼むぜ。ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は昨年12月1日の中山2歳500万、葉牡丹賞。
シークレットランは後方からの競馬になるも、3コーナーから捲り気味に進出して直線突き抜け完勝。この走りは中山巧者でしょう。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

シークレットランで単複勝負します!

レースの大局観

今年の京成杯の全体像は、こんな感じ。

  • まだ真打登場とは言えないメンバー
  • ルメールが藤沢厩舎ランフォザローゼスに乗ってこない
  • 2勝馬はシークレットランとカテドラルの2頭のみ
  • 冬の中山にしては時計が速い馬場状態

展 開

今日の中山メインのOP特別ニューイヤーSがマイルで1:32.4。前半が速く、時計が出る馬場状態です。

まさにシークレットランが勝った葉牡丹賞と同じような馬場。

また、メンバー的にはまだまだ強い馬が出てきておらず、2勝馬も2頭のみ。

3歳の最強馬サートゥルナーリアがミルコからルメールへスイッチすることになりましたが、それにしたって藤沢厩舎がランフォザローゼスにルメールを乗せてこないとなれば、ランフォザローゼスに勝負気配を感じないし、そもそも前走それに勝っているのがシークレットランなわけですから。

ここは素直にシークレットランを選択することで良いでしょう。鞍上がデムルメならば、おそらく単勝2倍前後になっていたことでしょう。

府中で要求される一気に加速する脚はシークレットランにはなさそうで、中山のように緩急の差がないコースの方が良いはず。この馬はいかにも中山巧者っぽい。

ここを勝ち切って、ノーザンファームとしてもサートゥルナーリアに次ぐ皐月賞への有力馬を確定させたいところでしょう。

シークレットランがゴール前で差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました