ジャパンカップ 本命◎スワーヴリチャード

スワーヴリチャードは、もともと左回りの方が良いと言われていた馬。

右回りのG1大阪杯を勝って、その後に安田記念を使ったことで、馬の本質がどこかに置き去りにされてしまった感がありますが、本来は左回り2400mのジャパンカップの舞台こそがベストであることは、疑いの余地がないです。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  
    


 上の動画は一昨年11月5日のアルゼンチン共和国杯。

スワーヴリチャードは、好位のインを追走して、直線で前が開いたら一気の抜け出しで完勝。確かに相手は弱かったですが、この馬の本質はこのレースにあると思っています。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

スワーヴリチャードで単複勝負します!

レースの大局観

今年のジャパンカップの全体像は、こんな感じ。

  • 道悪がどこまで回復するか?も、土曜は思いのほか内が伸びる馬場
  • 逃げ馬不在も、各馬色気があるので超スローはなく、誰かが積極的な騎乗をするはず
  • 実績馬たちに叩き上昇の余地があるかの判断が予想の肝

展 開

おそらくダンビュライトが積極的に行って、道悪なので道中はややスローも、3コーナー過ぎからのロングスパートを仕掛ける馬が出てくるでしょう。

スワーヴリチャードは、左回り巧者で内ラチを頼りたい馬。凄い瞬発力がある訳ではなく、長く良い脚を使う中距離馬です。

そんな馬なので、舞台適性としてジャパンカップが間違いなくベストだし、早目に動く鞍上マーフィーとの相性も抜群に良いはずです。今回は好位のイン追走から早目に動く作戦で、ほぼ間違いないでしょう。

ベストの舞台とはいえ、昨年のジャパンカップは3着に敗れました。でもこれは時計が速すぎたし、その前走でスタート後に受けたアクシデントが尾を引いたということで、理屈は通るでしょう。

これまでの戦績にしたって、小回りの中山で負けているのは目立つも、その他はしっかりと走れているわけで、これまた時計の速すぎた前走を叩いた上澄みをプラスすれば、スワーヴリチャードがこのメンバーに負けるはずないと思います。

ここはしっかりと馬券を取って、年末最終開催に繋げたいです。

スワーヴリチャードが直線抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました