チャンピオンズカップ 本命◎インティ

インティは、7連勝で一気にG1フェブラリーステークスを制するも、その後3連敗。負けた3戦はスタートから必要以上に絡まれ、先行馬の宿命的な敗北を喫しています。

前走を叩き迎えるG1チャンピオンズカップでも果たして絡まれるのか。考えるべきは、その1点だけでいいでしょう。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  
 


 上の動画は1月20日の東海ステークス。

インティはハナを切ってそのまま独走。勝ちタイムは1:49.8。今回のメンバーにこの時計で走れる馬はいません。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

インティで単複勝負します!

レースの大局観

今年のチャンピオンズカップの全体像は、こんな感じ。

  • 1番人気の3歳クリソベリルは中央場所で初めて一線級相手を迎え撃つ
  • ゴールドドリームは前走叩き上昇あるか、それとも衰えか?
  • インティは前走がまったく競馬になっていない大敗。精神的ダメージがあるか?

展 開

前走のインティは、休み明けで59キロを背負い、しかも大外16番枠。勝負所で不利があったとはいえ、そもそも条件的に好走は厳しかったでしょう。大敗と言ってもほとんど競馬になっていないので、度外視しても良いと判断します。

前に行く馬の宿命でもある先行争い。インティのここ3走は、G1を勝った後でマークされる立場でもあり、厳しいものがありました。

ところが今回はどうか。まず絶好の2枠4番。両隣はともに人気の鞍上福永と川田で、この2人が武豊に絡むとは思えない。他に先行したいワイドファラオ、テーオーエナジー、ロンドンタウンは外枠。 

今回インティは、すんなり先手を取れるはず。そして、この鞍上が先行すればペース判断に狂いはないので、前残りの競馬になること濃厚でしょう。

インティが逃げ切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました