大阪杯 本命◎ダノンキングリー

ダノンキングリーはその戦績から、サートゥルナーリアと並ぶ4歳の代表格と言えるでしょう。

まだG1タイトルを獲得できていませんが、この大阪杯を皮切りに、G1を複数勝てる実力馬だと思います。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ダノンキングリーで単複勝負します!

レースの大局観

今年の大阪杯の全体像は、こんな感じ。

  • 標準的な良馬場
  • ルメールがいない(本来ルメールはダノンキングリーに騎乗予定)
  • 逃げ馬不在

展 開

ダノンキングリーはどんなペースになっても脚を使うことが出来る器用さがあるので、今回のような逃げ馬不在で展開が読みづらい場合でも、自分自身の実力は出し切ってくるでしょう。

どの馬が行くにしても、おそらく前半スローから、後半で長く脚を使う流れになるはず。スピードと後半の持久力を求められる2000mのレースでダノンキングリーに勝てる馬は、今回のメンバーにはいないと思います。

アーモンドアイやサートゥルナーリアが不在のここは、正直メンバーに恵まれたと思うし、ダノンキングリーはここをキッチリと完勝しなければいけない馬だと思います。

ダノンキングリーが直線抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました