強い!それはなぜか?それは…(*ノωノ) ヴィクトリアマイル 2021

過去の名勝負

今週は豪華メンバーが集結するヴィクトリアマイルが行われます。
今回はマイルの女王グランアレグリアが連覇した2021年のレースをチョイスしました。

このコーナーでは今週の重賞の中から、過去の名勝負や少々マニアックなレース、予想の参考となるレースなどを、私の独断と偏見でチョイスして紹介いたします。
電車内でご覧いただく方は「イヤホン」を付けるか「ミュート」にすることをおススメします(ここは毎回同じこと言っています)。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ヴィクトリアマイル 2021 グランアレグリア

今回はレースの内容ではなく、実況に焦点を当てています。
実況はラジオNIKKEI小林雅巳アナ。特にゴールを過ぎた後をお聞きください。

以下は、小林アナの当時の実況を文字起こししたものです。
動画を見ながら文字を追っていただけると良いかもしれません。
ーーーーー
収まりました。
スタートしましたぁ。 16番リアアメリアダッシュつきません。
さあ先行争いです。17番のスマイルカナが行きました。
内からは3番のクリスティが2番手。そしてレシステンシア今3番手です。
内は4番のイベリス。前から5頭目には14番のリアンドルの体制です。
あと中団は内から2番のシゲルピンクダイヤ追走して1200メートルを通過。
あとはサウンドキアラ、マルターズディオサ、内に1番のマジックキャッスル
中団グループこれから3コーナーです。
そしてその外に中団に控えました6番グランアレグリア。
残り1000メートルを通過。第3コーナーをカーブしていきます。
その後ろにデゼルです。内には8番のランブリングアレーが行って
さらにはプールヴィル、あとダノンファンタジーが行って アフランシール、
内には9番のテルツェット後方です。 残り800メートルを通過。
後方2頭は16番のリアアメリアが行って、最後方は10番レッドベルディエス。
さあ各馬第4コーナーへ向かって残り600メートルを通過。
先頭は3番のクリスティで今直線コースに向かいました。
そして2番手にはスマイルカナ。あと3番手には18番レシステンシアです。
残り400メートルを今通過、坂を上がってきます。
あと追い込み勢は懸命に追い出している2番のシゲルピンクダイヤ。
さらにはその外からグランアレグリア、グランアレグリアがやってきた。
さらには14番のリアンドルも頑張っている。 さあ200メートルを通過して、
レシステンシアを捕らえて グランアレグリア、これは強い。
2番手はどうか。1番のマジックキャッスルか。
グランアレグリアゴールイン。
2番手は外からランブリングアレーか、内は1番マジックキャッスル。
強い。
それはなぜか。
それはこの馬がグランアレグリアだからです。

ーーーーー

「強い!それはなぜか」までは良かったのですが、「それはこの馬がグランアレグリアだからです」って言われても・・・

個人的にはラジオNIKKEIのアナウンサーが大好きで、レース実況を聞くことも私の楽しみの1つです。
(正確には後から聞き返すこと。レース中は単複勝負した馬の進路と手応えしか見ていない)

この辺りの感覚は、相当変わった競馬ファンでないと理解できないかもしれませんので、この題材そもそもが面白くないと思われる方も多いであろうことは、重々承知しております。。

さて話を戻して、小林アナのレース実況では、かつて、ロードカナロアのスプリンターズステークスで皆が言いたくなってしまう有名なフレーズが出ました。ゴール後に、
「世界のローーードカナロアーーー」って言ったやつですね。

今回のグランアレグリアも、当然に勝つでしょう、というメンバー構成だったので、小林アナとしてはロードカナロアの時のように、何か決め台詞を事前に用意していたのかなと推察しますが、ちょっと失敗しちゃったのかなと。

でも実況はリアルタイム。大変なお仕事ですから、これもご愛敬ということで、小林アナのことを好きであることに変わりありません。
これからも個性の強めな実況を、よろしくお願いいたします。

では、週末のレースを頑張りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました