毎日王冠 1998 サイレンススズカ 手がつけられない逃亡劇

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

さて、このコーナーでは今週の重賞の中から、過去の名勝負や少々マニアックなレース、予想の参考となるレースなどを、私の独断と偏見でチョイスして紹介いたします。ぜひご覧ください。

電車内でご覧いただく方は「イヤホン」を付けるか「ミュート」にされることをおススメします。

いつもありがとうございます。応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

毎日王冠1998 サイレンススズカ

では早速、今週は毎日王冠ですね。
初回でもあるので、まずは超有名なレースをチョイスしました。
以下の動画をご覧ください。黒帽2番です。

見ていて気分爽快になります。
斤量59キロを背負ってこのスピード感は凄い。個人的にはサイレンススズカこそが最強馬と考えています。

ところで、このレースのハロンラップを見たことがありますか?




ペースは前半4Fが46.0で、後半4Fが47.2の上り3F35.1。
ハロンラップが12.7 – 11.0 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 11.6 – 11.4 – 12.1。

1000m通過57.7というところが強調されているので、物凄い殺人ペースのような印象を受けるのですが、前後半の4Fを比べると実は1秒程度のハイペース。
まあこれでも十分にしんどい流れなのですが、大ケヤキから4コーナーにかけて少しペースを緩めているのが分かります。
この時点でグラスワンダーが追い上げてきたのですが、サイレンススズカはここで脚を溜めているのですね。1F12.1で脚が溜まるのっていうのも何ですが・・。

言いたいことは、テンから飛ばし続けていた訳ではなく、武豊ジョッキーは息を入れることを計算に入れながらの騎乗だったということです。

札幌でアエロリットが勝ったクイーンステークスも、こんな感じで息を入れています。
強い馬がテンから主導権を握って、3~4コーナーで息を入れて、直線は力尽くで押し切る。
展開を勉強する上でも、とても参考になるレースです。


ランキングに参加しています。

  していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました