朝日杯フューチュリティステークス 本命◎ステルヴィオ

ステルヴィオは前走のサウジアラビアロイヤルカップでダノンプレミアムに届かず2着に敗戦しましたが、その末脚が並ではないことは十分に証明できました。

阪神に舞台が移って4回目となる朝日杯フューチュリティステークス。阪神マイルはこの時期の2歳馬にとってスタミナを必要とされるためか、例年差し馬決着の流れになる舞台。今回はダノンプレミアムに逆転可能とみます。

そろそろクリスチャンがG1勝つでしょと思う方、応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ステルヴィオで単複勝負します!

この舞台で見直したい

1番人気のダノンプレミアムが強いことは間違いないですが、前走のサウジアラビアロイヤルカップではステルヴィオが1番人気だった訳だし、この時期の2歳馬のレースにしてはかなり流れました。
今回のこの舞台で、同じように流れるとは限らない。いやむしろ今回は流れないでしょう。

また、人気を背負って1枠1番ではダノンプレミアムはどうしても目標とされてしまうし、川田ジョッキーが強気にペースを上げてレースを作っていくとは考え難い。

タワーオブロンドンも3番枠は辛い。
前走1番枠で勝っていますが、あれは少頭数でのもの。今回は16頭と多頭数ですし、内のダノンプレミアムめがけて各馬が押し寄せる展開は、内枠有利とは言い切れないと考えます。

対してステルヴィオは今回3番人気でこの馬のレースをすることに徹することが出来るし、阪神外回りは4コーナーで下るので勢いをつけて直線へ向くことが可能な中枠の10番は好都合でしょう。

そろそろクリスチャンがG1を勝つ順番でしょう。アユサンの桜花賞以来の阪神マイルでのG1制覇に期待しています。


展 開

2番枠のフロンティアが逃げれば、岩田ジョッキーなので得意の超スローでしょう。
15番のケイティクレバーが行ったとしても、2000mを走ってきた馬で前走逃げたペースが前半4Fで49.1と超スロー。
普通に考えればスローに流れるはず。

例年の傾向からしても、スタミナ温存のためか3~4コーナーで緩む傾向が顕著なので、どうしたって直線での瞬発力勝負になるでしょう。

1番末脚のいい馬はと考えれば結論はステルヴィオに行きつくし、先週の阪神ジュベナイルフィリーズにしたって、やっぱり中緩みから直線で真ん中に出せるポジションが有利となるはず。

ステルヴィオが勝ち切ってくれて、私の年間収支も何とか有馬で挽回できる位置につけておきたい!

ステルヴィオが中団から末脚を伸ばして差し切ると予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

社台グループ 勝負服

コメント

タイトルとURLをコピーしました