阪神牝馬ステークス 本命◎ジュールポレール

ジュールポレールは、前走のエリザベス女王杯では距離が合わずに大敗しましたが、今回の阪神牝馬ステークスはベストの距離と舞台です。

しかも昨年3着で、タイム差なしだったアドマイヤリードとは今回2キロの斤量差。

他にも実績馬が揃いましたが、だからこそベスト条件のジュールポレールを狙います。

勝たないと賞金的にヴィクトリアマイルは厳しい。ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は2017年の準OPうずしおステークスです。
ジュールポレールは最内から抜け出して楽勝。内枠巧者と言えるでしょう。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ジュールポレールで単複勝負します!

推しの要素

いつものようにジュールポレールを狙う理由を並べると、

  • 逃げ馬不在でスローペース必至。
  • 内枠から楽に先行できる。
  • 圧倒的に前が有利な展開。
  • 実績馬は先を見越した仕上げ。

こんな感じです。

阪神マイルはジュールポレールにとってベストで、今回のメンバーならば楽逃げか、または何かが行けば番手内々でスローペース。

有力馬が差し馬ばかりというのもあって、スローな流れから直線手前で仕掛けて、ゴールまでラップを落とさない流れになるはずで、これは前が止まらないでしょう。

他のメンバーですが、ソウルスターリングは確かに強いですが、ここ数年クラシック前半まで圧倒的に強かった馬の成長が乏しい傾向が強く、ここで信頼していいものか疑問。

リスグラシューは前走牡馬相手に圧倒しましたが、東京新聞杯はG3だということを認識しておいた方が良いです。今回は牝馬限定とはいえG2ですから、前走のようにはいかないでしょう。

アドマイヤリードはミルコに乗り替わって怖い存在。スローからの爆発力は凄まじいですが、今回は展開的に前が止まらないと考えます。


展 開

逃げ馬不在なので、ジュールポレールが逃げる形かもしれません。
それならば幸ジョッキーは堂々と行けばいいだけだし、でもこういうときに限って、何かが逃げるものでしょう。

ジュールポレールは、すんなり番手内々で楽に先行すると想定します。

降雨の状況が良く分かりませんが、桜花賞の週ですから馬場造園課は頑張って高速馬場を作っているはずで、多少雨が残る馬場ならば、スローなのに仕掛けが遅くなるレース展開でしょう。

天気、枠、展開のどれをとってもジュールポレールに有利に見えますが、とにかく今回は緩々な展開が見えていますから、前で恵まれて上手くいく可能性に賭けてみます。

凡走することはちょっと考えられないほどに条件がハマっていると思いますし、ここはぜひ頭で取っておきたいです。

ジュールポレールが直線早目先頭から押し切ると予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました