桜花賞 本命◎レッドレグナント

レッドレグナントを買う=G1ハンターのミルコ頼り。確かにそう、否定しません。

故障明けを叩き、何とか権利を取り桜花賞へ。決して順調なローテではありませんし、初の長距離輸送で、阪神競馬場も初めて。

常識的には無理筋で、過剰人気は認めますが、未勝利戦とサフラン賞で魅せたパフォーマンス、それとやっぱり鞍上に期待します。

合言葉「またミルコか」とともに、ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は2017年の2歳牝500万のサフラン賞です。
レッドレグナントは逃げ切り楽勝。コントロールできれば最後まで止まりません。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

レッドレグナントで単複勝負します!

推しの要素

分かり切っていますがレッドレグナントを狙う理由を並べると、

  • 鞍上がミルコ。
  • 阪神牝馬Sの異常なスロー前残り。
  • 高速馬場ではなく、先行馬も少ない。
  • 後続はおそらく仕掛けない。

こんな感じです。

今日の阪神牝馬ステークスを見れば、もう重賞では積極的に仕掛けるジョッキーはいないと考えた方が無難です。

ラッキーライラックが最内枠に入ったことで、この傾向には拍車がかかるでしょう。3~4コーナーではラッキーライラック包囲網もあって、馬郡が凝縮し、みんな仕掛けを待っている感じになるでしょう。

そうなったら、自力で動くミルコの思う壺。結局は勝負に出るミルコが勝ち負けすることになるでしょう。

もちろん馬の力がなければできない話ですが、逃げに拘らずに前で勝負が出来るレッドレグナントは、展開面からもやっぱり有利な存在だと考えます。


展 開

コーディエライトがハナ。ツヅミモン、レッドレグナント、ハーレムラインが続いて、序盤は流れるでしょう。

でもそこからレッドレグナントは、コントロールしてペースを少し落としつつ、縦長の展開に持ち込みたいところ。

ラッキーライラックは先行集団を見据えながら内々を追走も、3~4コーナーで中弛みすれば包まれる苦しい展開で、他馬はこれを狙ってくるはず。

4コーナー手前でレッドレグナントが追い出し開始し、後続は仕掛け遅れ。

大阪杯の4コーナーのような位置関係ならば、勝つのはミルコのレッドレグナントでしょう。

って、都合よく考えていますが、もう本当に他の鞍上がだらしないであろうことを想定した予想です。
私の予想も多分に漏れずだらしないですが・・。

これで馬券的中ならば嬉しいですし、展開読みとしてこの流れになれば大満足ですが、一競馬ファンとしては、ラッキーライラックが最内枠からどうやって工夫して乗りこなすかとか、外枠の差し馬たちが3~4コーナーの中弛みを利用して外から長く脚を使わせるとか・・。
良いレースになることを望みます!

レッドレグナントが早目先頭から押し通すと予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました