マーメイドステークス 本命◎ワンブレスアウェイ

ワンブレスアウェイは、なぜかオープン入り直後から出遅れの連続・・。
こうなるともう癖となって、出遅れることが当たり前になりつつあります。

もともとは先団で脚を溜めて、直線で突き放す競馬を得意としていた馬。

今年のマーメイドステークスはテンからペースが落ち着きそうなので、スタートさえ普通に出ればワンブレスアウェイ得意の形になるはずです。

片方に馬がいない最内枠ならば出遅れないと信じて、ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は昨年3月4日の準OPスピカステークスです。
ワンブレスアウェイは直線で楽に抜け出し完勝。中山得意のゲッカコウをねじ伏せるのだから、実力があることは間違いない!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ワンブレスアウェイで単複勝負します!

推しの要素

ワンブレスアウェイを推す理由は、こんな感じ。

  • ハンデ53キロ。1キロ減のここで狙う。
  • 逃げ馬不在で、各馬様子を見ながらテンが遅い。
  • メンバーが手薄で、条件戦並みの緩いペース。
  • 天気が微妙で、飛ばす意識を持ちづらい。

何といってもハンデ1キロ減は魅力。このタイミングを待っていました。

今回のマーメイドステークスは、人気を被る馬がいない大混戦。それならばハンデが減ったワンブレスアウェイを狙います。

また、メンバーを考えればここは、テンからスローペースになること濃厚でしょう。それもワンブレスアウェイを後押しする要因です。

今まで安定して好走してきた条件戦時代は、ほとんどが序盤スローペース。この馬はスロー専用機でしょう。


展 開

ハンデ戦ですから、思い切ってテンから飛ばす馬が出てくるかもですが、馬場が微妙に悪くなれば、何かが押し出されるようにハナで、そのまま超スローになると想定します。

出遅れないことを見こむこと自体、今のワンブレスアウェイにとってはギャンブルです。
でも多少出遅れたとしても、テンが遅いであろうここならば、先団を目指すことは可能と見ます。
まあ最内枠なので、内を閉められたら終わりですけど・・。

出遅れずに、いや多少出遅れても、ポジションを取ることさえ出来れば、このメンバーならばワンブレスアウェイは力量上位だと信じています。

ワンブレスアウェイが直線抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました