紫苑ステークス 本命◎ノームコア

ノームコアは、前走のフローラステークスを3着と善戦。オークスへの出走は叶わずでしたが、力のあるところを示しました。

そして、秋緒戦となる紫苑ステークスは鞍上にルメールを迎えての1戦。ここは勝ちに来たと見るべきでしょう。

ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は2017年9月9日の2歳500万条件のアスター賞。
ノームコアは先行して押し切り勝ち。この日はくしくも昨年の紫苑ステークスの日です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ノームコアで単複勝負します!

推しの要素

ノームコアを推す理由は、こんな感じ。

  • 中山でこの距離このメンバー。
  • 鞍上にルメール。
  • 開幕馬場向き。

ノームコアは2歳時で2戦2勝とした段階で骨折が判明して、3歳春のフラワーカップまで休養を余儀なくされましたが、そのフラワーカップではカンタービレ、トーセンブレスに次ぐ3着。

その後、オークストライアルのフローラステークスでは、東京2000mで不利な大外16番枠から先行して、ここでも3着。

新馬戦やアスター賞の内容も良いし、既に実力が間違いないことは分かっています。

ノームコアにとって今回の舞台が向くと思うのは、新馬戦で淡々とした流れを押し切っていることが挙げられます。

今回それなりに先行馬が多いので、ペースが平均くらいになれば上りの瞬発力勝負になるはずもなく、ノームコアの先行脚質からして押し切り濃厚だし、スローペースばかりを経験してきた馬たちよりは、経験値で有利でしょう。

しかも鞍上にルメール。アーモンドアイに乗ること確実なルメールをわざわざ乗せるのですから、ここは勝たなければ意味がなく、勝負に来ていること間違いないでしょう。


展 開

ある程度は流れると見ます。開幕週でもあるし、鞍上はなるべく前に行きたいという意識が働くはず。

ノームコアは、できれば内枠が欲しかったですが、中山2000mは1コーナーまで距離があるし、この枠でもルメールの手腕でカバーできるでしょう。

淡々と流れれば、まず決め手勝負になることはないでしょうから、4コーナーで先団につけている馬が勝つはず。フローラステークスのような、決め手のある馬にやられることは考えづらい舞台であり、メンバー構成です。

変に包まれなければ、ノームコアが先頭でゴールを駆け抜けてくれるでしょう。そろそろルメールが重賞を勝ちますよ!

ノームコアが直線で抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました