新潟大賞典 本命◎メートルダール

メートルダールは、G2以上の戦いでは格負けするのか分が悪いですが、G3以下ならば確実な末脚を発揮します。

G3のハンデ戦で、左回りの良馬場2000m戦ならば、負けられないでしょう。

 ポチッと応援いただけると嬉しいです! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

 
上の動画は1月20日のAJCC。
メートルダールは中団から勝負所で大外から進出し、強敵相手に3着。長く脚を使うレースになると、まだまだ健在です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

メートルダールで単複勝負します!

レースの大局観

今年の新潟大賞典の全体像は、こんな感じ。

  • 逃げ先行馬が手薄 ⇒ スローから早めスパートの展開
  • ハンデ頭ミッキースワローが最内枠 ⇒ 下げざるを得ず不利
  • ルメール人気しているロシュフォールは、ハンデが1キロ見込まれた

展 開

ハナはブラックスピネルで、追いかける馬がほとんどいない。
場合によっては、ミッキースワローの典さんがハナを狙うかも。

スローですが、各馬余力十分での直線勝負でしょう。

メートルダールは、メンバー構成と展開を考えれば、ここは確実に末脚を発揮できる舞台です。まあ後ろ過ぎなければですが。

内枠なので、出遅れなければそれなりのポジションに収まるはずだし、良馬場で走れるのはこの馬にとって良いことです。

ここに入れば、最後の脚は一枚上だと思うので、福永ジョッキーが早めに仕掛けて出し切ってくれることを願っています。

メートルダールが混戦を抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました