新潟記念 本命◎フランツ

フランツは前走のむらさき賞で準OPを卒業し、新潟記念で2度目の重賞挑戦となります。

外差し傾向となっている最終週の新潟。メンバー的にも一長一短あって難解なレースですが、長い直線を突き抜けるのはフランツでしょう。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

 上の動画は5月26日の準OPむらさき賞。
フランツは前残りの高速馬場をもろともせず、大外からまとめて差し切り勝ち。このペースでも末脚を繰り出せるのは、今回の最大の買い要因です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

フランツで単複勝負します!

レースの大局観

今年の新潟記念の全体像は、こんな感じ。

  • 最終週らしく、最後の直線で内々を走る馬は皆無で外差し傾向
  • スローの上り勝負を制した馬ばかりのメンバー構成
  • 準OP勝ちからの参戦では、フランツのみハンデ55キロ
  • 1番人気レイエンダの前走エプソムカップは、前に行ったもの勝ちのレースで、評価できない

展 開

ブラックスピネルがハナに行くと、ほぼほぼ1000m通過が60秒5から61秒程度。
つまりスローはスローでも、お散歩レベルの超スローではないということ。

重賞を戦ってきたレイエンダ、ユーキャンスマイル、センテリュオや、準OPを勝ち上がったジナンボー、カヴァル、アクートも、みんな超スローで結果を出した馬ばかりです。ジナンボーはちょっと違うか。

でも1頭だけ、フランツは、むらさき賞である程度ペースが流れても差し脚を繰り出してきましたので、今回ブラックスピネルが60秒後半で逃げるペースに対応できそうなフランツを指名します。

後は戸崎ジョッキーが馬群を捌いて来られるか。いやな予感もしますが、外差し馬場を生かし切る騎乗に期待したいです。

それとハンデについては、準OP勝ちならば54キロのはずも、フランツだけ55キロを課せられているのは、ハンディキャッパーから実力が認められている、お墨付きをいただいたと判断します。

フランツが大外一気に差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました