有馬記念 本命◎フィエールマン

フィエールマンの前走は凱旋門賞への挑戦でしたが、思わぬ大敗を喫してしまいました。

でもこれは、ルメールがスローペースを読んだのか、この馬にとってはいつもと異なる先行策を取ったことが裏目に出て、ハイペースに巻き込まれてのもの。

早々に追うのをやめているので、大敗と言っても気にする必要はないと考えます。

今回の有馬記念はアーモンドアイが出走することになりましたが、アーモンドアイが出走表明する前の段階では、ルメールはフィエールマンに乗ることが決まっていました。

ということは、海外遠征明けとはいえ、この馬の状態が悪いということはまず考えられません。

アーモンドアイ以外には負けられないです!

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

 上の動画は4月28日の天皇賞(春)。

フィエールマンは中団追走から早目に動き四角先頭。直線でグローリーヴェイズとの追い比べを制して2つ目のG1タイトルを獲得。菊花賞もそうでしたが、良い脚を長く使えるのが強みと言えます。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

フィエールマンで単複勝負します!

レースの大局観

今年の有馬記念の全体像は、こんな感じ。

  • アーモンドアイ参戦で素晴らしくメンバーが揃った
  • 逃げたい馬がアエロリットで先行馬も揃い、例年以上に淡々と流れる可能性が高い
  • 天気は何とか持ちそうか?馬場は良い状態

展 開

フィエールマンは前走で先行したとはいえ、今回は先行馬がそれなりに飛ばして行きそうなので、無理をせずに中団待機策を取るでしょう。アーモンドアイよりも前のポジションを取れれば理想的ですが、現実としてそれは難しそうなので、アーモンドアイをマークしながらのレースとなるでしょう。

アーモンドアイは3コーナー手前から進出していくはずで、元来マーク屋の池添ジョッキーもそれを見ながら捲り上げて、長く脚を使えるこの馬の特性を活かす乗り方をするはずです。

フィエールマンは思いのほか好枠を引いたので、序盤の入り方が重要となりそうです。スタートからズルズルと後方となってしまうと難しいレースとなってしまうので、正面スタンド前を好位グループを見ながら通過する形が理想です。

繰り返しますがルメールが乗る予定だった馬なので、仕上がりに抜かりはないはず。
またこの馬の末脚が不発に終わることは、過去のレースからまずありえないので、最後の直線は必ず伸びてきてくれるはず。

アーモンドアイが強いことは動かしがたい事実ですが、競馬は何が起こるか分かりません。アーモンドアイと未対決のフィエールマンが、追い比べを制することだって可能性がゼロではないと思います。

フィエールマンがゴール前で差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました