京都牝馬ステークス 本命◎メイショウショウブ

本命◎予想

メイショウショウブは走りどころが良く分からないタイプに見えるかもですが、要は内から前目のポジションを取って、脚を残しながら最後の直線に入る、というのが好走できる条件なのでしょう。

四位ジョッキーが引退を控え、この京都牝馬ステークスがラスト重賞。四位が前に行けば誰も競りかけるはずがなく、すんなり内のポジションを取って先行できそうです。

もうこれは、狙うしかないでしょう。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

メイショウショウブで単複勝負します!

レースの大局観

今年の京都牝馬ステークスの全体像は、こんな感じ。

  • 京都最終週で時計がかかる上に雨で馬場悪化。
  • 逃げ馬不在。ペースが上がる可能性低い。

展 開

逃げ馬不在。メイショウ3頭出しの内枠2頭は、引退前の四位ジョッキーに前を譲るでしょう。
ハイペースになる余地は無い。

メイショウショウブは外を回して差し切るという脚を持っていないので、とにかく内目・前目を取って直線で一気に抜け出す戦法しかない。

前走の京都金杯では大外枠からテンで脚を使い、勝負所でも外を回して脚を使ってと、この馬にとって典型的な負けパターンでの凡走と言えます。

池添ジョッキーで凡走を繰り返すのは、根本的に相性が悪いのでしょう。
四位ジョッキーもどちらかと言えば大外ぶん回しのイメージですが、この手のタイプの馬に乗るときは丁寧に内目を回ってくるので、そこは信頼できます。

メイショウショウブは常に人気しないタイプですが、1勝馬ながらG2で2着2回3着1回。実績で考えればここでは上位なはずなのに、今回も人気がないとくれば、もう買うしかない。

これだけ好走条件が揃えば上位に来ること必至、上手くいけば勝ち負けでしょう。

メイショウショウブが逃げ切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

今週の勝負レース_〇と×で悩む女性

コメント

タイトルとURLをコピーしました