川田将雅には馬の伸びしろが分かる?川田の有力馬乗り替わり事情

今週の注目馬

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます

さて、今週は牝馬クラシック第2弾のオークスです。

桜花賞馬のスターズオンアースは、もちろん2冠をかけて出走しますが、その鞍上は桜花賞を勝利に導いた川田ではなく、ルメールへ乗り替わりとなりました。

川田はオークスで中内田厩舎のアートハウスに騎乗するためです。
これは大分前に発表されていることなので、皆さんご承知のことでしょう。

今の時代、エージェントが騎乗のやりくりをして、社台グループが強い権限を持っているということもありますが、オークス乗り替わり以外にも、思い返せば巧妙な川田の騎乗馬選択に関して、私なりの見解を書きます。
応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

現3歳馬の川田の騎乗馬選択

1.ナミュール

まずは桜花賞1番人気、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズでも1番人気に推されたナミュールについて。

  • 川田が主戦を務めることが多い高野厩舎で、新馬戦は川田騎乗で楽勝。
  • 2戦目は府中の赤松賞を三浦皇成で、これも楽勝。この時、川田は阪神でG1マイルチャンピオンシップ騎乗のため、ナミュールには乗れず。
  • 3戦目は阪神ジュベナイルフィリーズ。クリスチャン騎乗で4着。この時、川田は香港遠征のため、ナミュールには乗れず。
  • 4戦目はチューリップ賞。ここで川田は希望すれば乗れたと思われるが、武史が騎乗することに。川田は、ナミュールではクラシックを勝てないと判断した?
  • 本番の桜花賞で、川田はスターズオンアースに騎乗して1着。ナミュールは10着。

2.セリフォス

次はNHKマイルカップ1番人気、昨年の朝日杯フューチュリティステークスでも1番人気に推されたセリフォスについて。

  • 川田が乗りたい放題の中内田厩舎で、新馬戦は川田騎乗で完勝。
  • 2戦目は新潟2歳ステークス。川田騎乗でこれも完勝。
  • 3戦目はデイリー杯2歳ステークス。藤岡佑介騎乗で1着。この時、川田はブリーダーズカップ参戦のため渡米中。
  • 4戦目は朝日杯フューチュリティステークス。クリスチャン騎乗で2着。この時、川田は香港遠征のため、セリフォスには乗れず。
  • この後、5戦目を休み明けのNHKマイルカップ出走となり、福永へ乗り替わり。ここでも川田は希望すれば乗れたと思われる。何しろ中内田厩舎の馬。が、騎乗しないというのは、川田は、セリフォスではG1を戦えないと判断した?
  • 本番のNHKマイルカップで、川田は新馬戦から騎乗していたダノンスコーピオンに騎乗して1着。セリフォスは4着。
つまり、川田は馬の成長する姿や能力の伸びしろを、2歳の新馬戦に騎乗した段階で、ある程度把握することが出来るのではないか、と推察します。
でないと、ナミュールを蹴ってテン乗りのスターズオンアースで桜花賞を勝ち、中内田厩舎のセリフォスに騎乗をせずダノンスコーピオンでNHKマイルカップをかっさらっていく芸当は、なかなか出来るものではないでしょう。
NHKマイルC2022_ダノンスコーピオン_川田将雅

長くなりましたが、桜花賞馬がオークスに駒を進めて、鞍上が乗り替わるというのは、ちょっと記憶にありません(あったらゴメンナサイ)。

かつて福永が、桜花賞をラインクラフトで勝利をした年では、桜花賞2着だったシーザリオが福永でオークスへ出走することになり、ラインクラフトは福永騎乗でNHKマイルカップへ回った、ということがありましたが、これはラインクラフトの距離適性の問題もあったので、まあ理解できます。

今週のオークス、川田の判断からすると、アートハウス > スターズオンアースと考えて問題ないということなんでしょうかね

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました