【日本ダービー】イクイノックス、ルメールのリップサービスをどこまで信じる?

今週の注目馬

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます

さて、今週はいよいよ競馬の祭典日本ダービーです。

今回1番人気が想定されるルメールが騎乗するイクイノックスは、皐月賞では、同じくルメールが主戦を務めてきたジオグリフに先着を許す形となりました。

でも、皐月賞前の共同インタビューでルメールは「(イクイノックスが)もし皐月賞を勝つことができなくても、たぶん次のレース(ダービー)は勝てると思います」と発言。

ルメールの「勝つ自信があります」発言は毎度のことですが、この1年を振り返って、ルメールのリップサービスで、私を含め多くの競馬ファンが困惑させられた事例を2つピックアップしました。
応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ルメールのリップサービス

1.コマンドライン

ルメールは、コマンドラインが新馬戦を走る前から「来年のダービーを予約しておきます」とコメント。国枝師やノーザンファームの期待も拍車をかけた形か。

これは私も、年末の2歳G1ホープフルステークスをコマンドラインで単複勝負してしまい、最後の最後で年間収支プラスを逃す苦い思いをしました。

2.ラスール

ルメールは、ラスールを「新しいグランアレグリア」と表現。

こっちは私は騙されず、逆に、ラスールが人気してしまうことを利用。
ラスールが1番人気のシンザン記念をマテンロウオリオンで、同じく2番人気のフローラSをエリカヴィータで、それぞれ単複勝負して、しっかりと馬券を取らさせていただきました。

上記の2つの事例は、冷静に考えれば、デビュー前からの「ダービー予約」とか、滅多に出現しない名牝を例えに出すというのは、ルメールのリップサービスでしかないでしょう。
イクイノックス_東京スポーツ杯2歳ステークス

さて、明日はいよいよ枠順発表。
本格的な予想はそこからですが、話を戻して、皐月賞前のルメール発言「(イクイノックスが)もし皐月賞を勝つことができなくても、たぶん次のレース(ダービー)は勝てると思います」に関しても、話半分に聞いておく程度でいいのではないでしょうか。
私は今後、ルメールの言うことを基本スルーすることにします。
イクイノックスを買わないとは言ってません(笑))

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました