【宝塚記念】予想される「ラップ推移」に対応可能な有力馬は?

今週の注目馬

上半期G1の最後となる宝塚記念
近年まれに見る「前掛かり」な展開が予想されます。

果たして今年の宝塚記念、このメンバーでどのような展開が予想されるかを検証しました。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

宝塚記念 予想されるラップ推移に対応可能な有力馬

1.逃げ候補は?

ラップを作るのは逃げ馬。今回、逃げ候補が3頭いますが、その3頭が逃げて好走したレースとラップをピックアップしました。
ここでは馬場の違いと他のメンバー構成は考慮せず、前半3ハロンを赤字で、特徴的な部分を黄色のハイライトで示しています。

  • パンサラッサ 福島記念 2000m 11.9 – 10.8 – 10.9 – 11.9 – 11.8 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.1 – 13.1
  • タイトルホルダー 菊花賞 3000m 12.5 – 11.1 – 11.5 – 12.1 – 12.8 – 12.6 – 12.8 – 14.3 – 13.1 – 12.6 – 12.4 – 11.7 – 11.5 – 11.4 – 12.2
  • アフリカンゴールド 京都記念 2200m 12.7 – 11.3 – 12.0– 12.9 – 12.8 – 12.7 – 11.6 – 11.4 – 11.4 – 11.0 – 12.1

3頭の逃げ方は、明らかに異なります。
パンサラッサは「とにかく飛ばして行って、他馬に脚を使わせながら押し切る」、タイトルホルダーは「テンは出して行き、中盤にペースを落として、後半で加速して突き放す」、アフリカンゴールドは「ジワッとハナに行き、スローペースからのロングスパートで粘り込む」と言えるでしょう。

最初の3ハロンを見れば、どの馬がハナに行けるかは明白。パンサラッサでしょう。
タイトルホルダーアフリカンゴールドがハナに行くのであれば、相当に出して行かなければ無理です。

3頭が得意とするラップ推移から考えられる展開想定は、以下の3パターンです。

  • Aパターン:パンサラッサが単騎の逃げ、離れてアフリカンゴールドが実質のハナ、その後にタイトルホルダー
  • Bパターン:パンサラッサが単騎の逃げ、離れてタイトルホルダーが実質のハナ、その後にアフリカンゴールド
  • Cパターン:パンサラッサアフリカンゴールドが並走状態のハナ、その後にタイトルホルダー
想定ラップは、12.4 – 10.9 – 11.2 – 11.4 – 11.6 – 11.6 – 11.6 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 13.2。
勝ち時は、2:11.0と考えます(良馬場)。

パンサラッサがゲートで出遅れなければ、前傾ラップとなって、タイトルホルダーアフリカンゴールドは、自分の得意とする展開に持ち込めないことになります。

2.前傾ラップに対応できる有力馬は?

では、前傾ラップになるとして、これに対応できそうな馬を探します。
昨年の有馬記念は、パンサラッサが逃げたものなので、前傾ラップと言えば前傾ラップです。

  • エフフォーリア:有馬記念1着 6.9 – 11.3 – 11.6 – 11.5 – 11.9 – 12.5 – 12.6 – 12.2 – 12.4 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 12.5
  • タイトルホルダー:有馬記念5着(ラップは上記)
  • ディープボンド:有馬記念2着(ラップは上記)

この3頭は、前傾ラップにもそれなりに対応できるでしょう。
その他に前傾ラップと言えるほどのレースを経験したことのある馬は不在で、やってみなければ分かりませんが、「前傾ラップ=上りのかかるレース」と解釈すれば、有力と思える馬は限られてきます。

有力馬の中には、好走した重賞の全てが「上りのかかるレース」だった馬が1頭いますね。

パンサラッサが、他馬が不慣れなレース展開を作ってそのまま逃げ切るか。
前傾ラップに対応できる馬が底力を見せて差し切るか。

枠順が決まったら、最終的な判断をしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今週の勝負レース_考える人

コメント

タイトルとURLをコピーしました