フェアリーS 本命◎ヒストリア

今回のフェアリーSは出走馬16頭のうち13頭が500万クラスの馬。

何が勝ってもおかしくないメンバー構成ですので、レベルが高かったと思われるアルテミスS以来の出走となるヒストリアを狙ってみたいです。

ちなみにオープンクラスの馬は3頭ですが、札幌2歳Sで2着のブラックオニキス、アルテミスSを惨敗後に500万を勝利したコーラルプリンセスとメローブリーズで、バリバリのオープンクラスではありません。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ヒストリアで単複勝負します!

アルテミスSの勝ち馬リスグラシューは、その後、G1の阪神ジュベナイルフィリーズで大外枠から出遅れながらも2着となりました。

そのアルテミスSで惨敗を喫して、今回フェアリーSに出走する馬が6頭います。

その6頭の最先着馬がヒストリアです。

アルテミスSのレベルは高い

アルテミスSのレベルが高かったと考える理由をいくつか挙げてみます。
  1. アルテミスSの勝ち馬リスグラシューは、G1の阪神JFで2着。
  2. アルテミスSを惨敗後に、コーラルプリンセスとメローブリーズは500万を勝利。
  3. アルテミスSを惨敗したトーホウアイレスは、その前走サフラン賞で今回1番人気のアエロリットを差し切っている。
2番目に挙げたことは結構なインパクトです。

そうならばこの2頭を本命にすればいいと言われそうですが、ドングリの背比べなので連勝はないとみます。

3番目はチョット無理やりです。アエロリットは今回各馬の目標になるので、ゴールまで凌ぎ切るのは厳しいでしょう。

今回のフェアリーSは、重賞というよりは500万クラスに近いレベルであると考えています。

アルテミスSは惨敗でも、しっかりした末脚が身上のヒストリアが勝つと考えるのが1番しっくりきます。

ヒストリアの過去2戦

ヒストリアは新馬勝ちの後、アルテミスSが7着。

過去2戦はともにスローペース。特に新馬戦では前半は歩いているようなペースでした。

2戦とも道中かなり掛かっているように、まだ上昇の余地がある馬です。




展開と天気

行きたい先行馬が内枠に入るも、外から行きたい馬もいるため、若干のポジション争いがあってある程度は流れるはず。

超スローはなく、せいぜい平均やや遅めのペースになりそうです。

ヒストリアは今回も引っかかる恐れがありますが、蛯名ジョッキーは新馬戦から乗り続けてますし、過去2戦より条件はいいと思います。


もし雨が降っても大丈夫でしょう。
新馬戦が良馬場とはいえ朝まで雨が降っていました。

ヒストリアが道中掛かるのを我慢しつつ、4コーナーから進出してゴール前で先行馬を差し切ると予想します。


お読みいただいたしるしに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

東京競馬場 富士ビュースタンド

コメント

  1. ダグラスホワイト より:

    こんばんわです(‘∀‘ )
    シンザン記念は見ですか?

  2. ジャモカ より:

    ダグラスホワイトさん
    こんばんは。シンザン記念はパスします。
    ご承知ください。

  3. ダグラスホワイト より:

    (^o^ゞ了解です♪

タイトルとURLをコピーしました