根岸S 本命◎ラストダンサー

本命◎予想

今年の根岸Sは好メンバーが揃い、馬券ファンとしてはどの馬から狙っても面白い1戦になりました。

中でも楽しみなのはラストダンサー。準OP、OPを連勝して重賞に初挑戦します。

6歳とはいえ戦績はまだ17戦。ようやく本格化してきたラストダンサーが、得意の東京ダート1400mで混戦を断つと考えます。
武蔵野S タガノトネール 表彰式

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ラストダンサーで単複勝負します!

狙いの東京ダート1400m戦

ラストダンサーは過去17戦のうち、何と13戦が左回り。
陣営はこの馬がサウスポーであることを認識しているからでしょう。
前走の霜月Sから中山開催には目もくれず、ここを目標としたことは明らかです。

なおラストダンサーの兄、ワイルドワンダーが9年前のこのレースを勝利しています。

良績は稍重~不良

ラストダンサーは過去に6勝していますが、稍重で3勝、重で2勝、不良で1勝と、道悪成績が抜群です。
ダートの良馬場では勝ったことがないですが、雨男なのか経験自体がそれほどなく計3戦で、未勝利戦の3着が最高着順。
雨が降ってほしかったのが本音ですが、本格化した今ならば、ダートの良でもイケると判断します。



展 開

逃げるのはコーリンベリーでしょう。前走が中途半端になりましたので、積極的に出していくはずです。
ノボバカラは大外ですし柴田大ジョッキーなので、番手外を選択するとみます。

この2頭がハナ、番手に出切る前に、好枠のラストダンサーはスタートを決めてインのポケットを狙えます。
このポジションを取り切れば、淡々と流れる中でロスを最小限に4コーナーから早めの競馬ができるでしょう。

人気が追い込みのカフジプリンスなので、先行勢は溜めすぎると失敗しますが、早すぎる仕掛けを打ってグダグダになることは無いでしょう。

    強敵ぞろいですしギャンブル的な騎乗が必要になりますが、好調の田辺ジョッキーですし、絶妙な仕掛けを期待せずにはいられません。

       
       
    ラストダンサーがインのポケットから早目先頭でそのまま押し切ると予想します。


    お読みいただいたしるしに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
       
    にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ    
    にほんブログ村  単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました