大阪杯 本命◎マカヒキ

本命◎予想

大阪杯マカヒキにとって、強烈な末脚を見せつけて、近走敗戦の汚名を晴らすのには、これ以上ない舞台と言えるでしょう。

弥生賞や皐月賞の物凄い末脚から2000mはベスト。
前走は海外遠征明けで道悪馬場。その前の凱旋門賞はそもそも適性外の馬場で不向きな流れと、敗因は明らか。

頼む、マカヒキとルメール!
私の負け続きの馬券も、ここで汚名返上させて!
マカヒキ_ハンドタオル

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

マカヒキで単複勝負します!

先週の競馬終了時から今の今まで、いろいろと考えました。
競馬のこと、競馬以外のこと。

でもやっぱり競馬が好きですね。これが結論です。

大阪杯の位置づけ

大阪杯がG1に昇格しましたが、その距離・舞台に最も適性があって、ここを狙っていることが明らかなのは、叩き2戦目のマカヒキもしくはアンビシャスでしょう。
ともにルメールジョッキーのお手馬ですが、彼がマカヒキに乗ってきた以上、マカヒキを買うのが筋です。

ヤマカツエースも叩き2戦目ですが、感覚的にチョット足りないと見ています。

またここが目一ではないキタサンブラックが、この距離でマカヒキを上回るとは思えません。

穴狙いは?

狙ってみたい穴馬がいることはいますが、マルターズアポジーは鞍上が関西地区で上手く乗ることができるか?です。
    ディサイファが先行できればひょっとしてと考えても、一線級相手にぶっつけでは勝負どころで反応できるか?です。

    荒れないと見ます。



    展 開

    マルターズアポジーのハナは確実。
    キタサンブラックは番手を狙って、外のロードヴァンドールを弾くように外へ張って出して行くでしょう。
    サトノクラウンやディサイファも五分に出れば前目に行くはず。
    1コーナーまでは流れるはずで、どこで落ち着くかはロードヴァンドール次第。
    いずれにしても平均ペースで縦長の展開を想定します。

    マカヒキは中団から様子を見ながらでしょう。
    1コーナーで遅くなれば促していくし、早いままならば抑えていくでしょう。
    この辺りのルメールの選択は確実です。

    先団が3コーナーで仕掛けずに溜めてくれれば、マカヒキは勝ったも同然。
    でも3コーナー手前からのロングスパートになってしまったら、マカヒキは多分ダメでしょう。
    この辺りはギャンブル。弛む方に賭けたいと思います。

    マカヒキが直線大外からまとめて差し切ると予想します。


    ランキングに参加しています。

    どれかに
    していただけると嬉しいです。
       




    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


    にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ


    にほんブログ村

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました