札幌記念 本命◎ディサイファ

ディサイファ札幌記念に再び出走します。

一昨年の札幌記念では1着。札幌・函館の洋芝では3戦3勝。G1では勝ち負けできなくても、G2やG3では存在感を示してきたG2大将ですが、昨年のマイルCSで大きな不利を受けて以来、不調に陥ってしまいました。

不調?それとも単純に加齢による劣化?
いやっ、この舞台ならば、まだまだディサイファは存在感を示せるはず!

応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ 

写真は2016年毎日王冠の本馬場入場。直線で捌けず不完全燃焼でした。
IMG_1951

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ディサイファで単複勝負します!

近走は負けるべくして負けている

ディサイファがヤマカツエースやエアスピネルと五分に渡り合えるか?予想をする上でこれが最も重要ですが、ひとまずそれは置いておき、ディサイファの近走を振り返ります。
  • 安田記念13着:本質的にマイルの馬ではなく、あのペースで先行では厳しい。
  • 大阪杯10着:休み明けで出来がイマイチかも。ポジションも後ろ過ぎた。
  • チャレンジC9着:トップハンデ58.5キロ。前走不利の影響もあった模様。
  • マイルCS10着:直線でかわいそうな不利。4着はあったか?3着かも?
  • 毎日王冠6着:直線で窮屈なところに入り伸びきれず、最後は脚を余す。
道中ですっと動けるタイプではないので、不利を受けやすいタイプであることは間違いないでしょう。
それにしても、近走は満足な形で走れていません。

本来は1800~2000mがベストな距離でしょうし、一瞬で脚を使うタイプではないので、ロングスパートになりやすい洋芝の得意舞台ならば一変があっても驚けません。
いやむしろ凡走することがあんまり考えにくいです。




展 開

前走ハナを切れず中途半端な感じで負けたマイネルミラノが、今回は持ち味を生かすためにしっかりと出して行くでしょうから、平均ペースくらいになるはずです。

番手候補ロードヴァンドールとタマモベストプレイが続き、ディサイファは番手の3頭分外となると厳しいので、この2頭とのポジション争いとなるでしょう。
ディサイファはテンだけは速いので、何とか3番手の中目辺りを取れるはず。

人気のヤマカツエース、マウントロブソン、エアスピネルは、先行勢を追いかけていくとは考えにくく、前半はゆっくりと中団待機でしょう。
しかも3頭とも自力で仕掛けて勝ち切れるほど抜けた実力はないので、できれば先に仕掛けたくもないでしょうから、仕掛けも遅い展開になると想定します。

この意味でもディサイファには先行してほしいです。

ペースが平均くらいで流れれば、ディサイファはこのメンバーではスピード負けしないので、3コーナーから早めに押し上げつつ直線を向けば、おそらくアッと言わせる展開でしょう。

ディサイファが直線で早目先頭から後続を抑えて押し切ると予想します。


ランキングに参加しています。

  していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました