菊花賞 本命◎トリコロールブルー

今年の菊花賞はダービーの上位3頭が不在。人気を集めそうな馬が揃って外枠になったこともあり、ここは内枠をGETしたトリコロールブルーを狙ってみたいです。

応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は札幌の1000万条件戦、日高特別です。
トリコロールブルーがしぶとく抜け出します。これならば長距離でもやれるはず!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

トリコロールブルーで単複勝負します!

春からの逆転は十分可能

トリコロールブルーは春の段階から期待された馬で、スプリングステークスや青葉賞にも出走しましたが、まだ成長途上であったり、大幅に馬体を減らしたりで、力を出し切れませんでした。

その後、夏の札幌で古馬相手に1000万特別を勝ち上がって3勝目を挙げると、トライアルの神戸新聞杯を使わずに菊花賞1本に絞って仕上げられました。
ステイゴールド産駒ですし、気性を考えるとこれは正解でしょう。

人気どころに距離不安がある中で、さらに馬場悪化が避けられない今年の菊花賞。人気馬が持ち味を発揮できるレースになるとは到底思えませんし、トリコロールブルーには十分チャンスがあると考えます。




展 開

不良馬場の超スローを想定します。

前へ行きたい馬が内に3頭いるので、トリコロールブルーは先行する馬の後ろのポジションをすんなり取ることが約束されました。枠の並びにかなり恵まれたと言えます。

相当に馬場が悪化するため、先行勢が飛ばして行くことは考えられません。
そのため正面スタンド前や、最もペースが緩む2コーナー過ぎで、折り合いを欠く馬が続出するでしょう。
その意味からも、終始前に馬を置いて壁を作りながらレースが出来る内枠5番はラッキーで、内で我慢を続けたことが功を奏して勝負どころでは手応えが残っているはずです。

後はペースが上がる3コーナー過ぎから、トリコロールブルーが中目に出しつつ進出を開始し、勝負どころで前を捌ければ、しぶとく脚を伸ばすことができるはずです。

戸崎ジョッキーはリーディング首位にもかかわらず、重賞成績が伴っていませんので、この京都遠征で結果を残したいところでしょう。腕は確かですから、そろそろ大きいところを勝ってもいい頃でしょう。

トリコロールブルーが好位から馬群を捌いて直線抜け出すと予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました