マイルチャンピオンシップ 本命◎イスラボニータ

イスラボニータマイルチャンピオンシップに3年連続の出走で、過去3着と2着。
今年の春には同じ京都マイルのマイラーズカップで久々の勝利を飾りました。

淀のマイル戦。この舞台ならば負けられない。

雨やんでよかったね、応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は今年のマイラーズカップです。
イスラボニータはルメールの好騎乗もあって差し切り勝ち。イスラがG1をもう1つ勝つならこの舞台しかない!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

イスラボニータで単複勝負します!

毎回同じようなメンバーで・・

今回のメンバー構成では絶対的な主役は不在。

何を本命にするかで悩みましたが、イスラボニータにした最大の決め手は京都マイルの舞台設定です。
過去数年のマイルチャンピオンシップを冷静に見てみると、結局は同じような馬が上位に来ていると分かります。

前にも書きましたがイスラは3着と2着、サトノアラジンは4着と5着。引退したフィエロが2着、2着、6着で、ダノンシャークは6着、3着、1着、10着、4着、ミッキーアイルは最初こそ13着大敗も、2年後に1着。

どうでしょうか。結局のところ同じようなメンバー構成であまり変わり映えもなく、安田記念ほど底力を問われないこの舞台は同じような馬が上位に来るレースだと言えそうです。

今年はイスラボニータが勝てると素直に考えます。




展 開

良馬場まで回復するか微妙も、土曜のレースを見る限りでは、内外フラットな馬場のようです。
そうとは言えイスラボニータの脚質からすれば、できればインを通したいでしょう。

逃げるのはもちろんマルターズアポジーで、番手に内からダノンメジャーと外からウインガニオン。鞍上の北村友ジョッキーはともかく、京都の騎乗経験が浅い関東の中堅では、前でレースをコントロールしきれるとは思えません。おそらく坂の上りで息を入れて、下りで勝負に行けず中途半端になって後続に取り付かれ、馬群が密集しての直線入りと想定。ペースは速くならないでしょう。

イスラボニータは内枠が欲しかったでしょうが、この枠ならば隣りのエアスピネルをピッタリマークして、直線でエアスピネルが抜け出すと決め打って、その後ろからもう一脚を使う騎乗が最有力でしょう。

出遅れたら、中団まで下げて内々に入るのを狙うでしょう。イスラボニータは意外と出遅れがあるので、ルメールはこれも想定しているはず。

いずれにしても馬群が縦長にならないと考えているので、直線で我慢してラスト1Fで抜け出す競馬をするでしょう。イスラボニータは長く脚を使えないし、勝つにはこれしかない!

イスラボニータが直線で馬群を割って抜け出すと予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました