ホープフルステークス 本命◎シャルルマーニュ

いよいよ今年最後の予想です。シャルルマーニュはまだ勝ち鞍は1つながらも5戦してすべてが3着以内と堅実に走ってきています。
人気はないですが、いかにも紛れの多い中山2000m向き。ホープフルステークスで栄冠を手にすることは可能だと考えます。

戸崎、最後は持ってこい、応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は東京スポーツ杯2歳Sです。
シャルルマーニュは3番手からしぶとく伸びて3着。中山替わりを味方につけたい!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

シャルルマーニュで単複勝負します!

評価されなさすぎ

2歳や3歳のクラシック戦線は基本、勝ち抜き戦だと考えます。
つまり、圧倒的に強い馬は勝ち続けるということです。
私は狙えませんでしたが、朝日杯のダノンプレミアムがいい例でしょう。

ではホープフルステークスはどうでしょうか。
絶対的な中心馬が不在で、前日オッズの1番人気はルーカス。

ルーカスはあのモーリスの全弟なので人気になることは理解できますが、モーリスだって2歳のころは全然ダメだったことは思い出しておきたいところ。
しかも追い切りで放馬して出走回避も検討された今回、果たして・・。

前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、そのルーカスが2着で、タイム差なしの3着がシャルルマーニュ
東京スポーツ杯は、ハイペースで流れて後方にいたワグネリアンが突き抜けました。
2着のルーカスは最後方から脚を延ばし、3着のシャルルマーニュはハイペースの3番手から直線ばてずに粘り通したもの。
2着3着のどちらが強かったかと問われれば、私はシャルルマーニュだと答えるし、今回は舞台が東京から中山に移る訳で、なおさらシャルルマーニュが面白いと考えます。

もう1つ、前々走のアイビーステークスでもシャルルマーニュは2着に健闘(不良馬場で最内を思い切って狙った馬が1着)で、この時の5着馬フラットレーの方がシャルルマーニュより人気しているというのもどうかと・・。

このように、実力の天秤が微妙に狂っているようなときは、基本を度外視して、堅実に走ってきた馬を狙ってみるのもありでしょう。




展 開

内に先行馬がずらりと揃って、逃げ候補のジュンヴァルロが外目12番。正面スタンド前はどうやったってポジション争いが激しくなるでしょう。前半はそこそこ流れるはず。
でもスピードで押し切れる馬は不在なので、全体的に平均ペースで、直線も爆発力を問われることはなく、好位からしぶとく伸びる馬が有利だと想定します。

この時期だから当然ですが、スローペースで勝ち上がってきた馬ばかり。
想定する平均ペースだと、あっけなくついていけなくなる馬が多くなるはずですが、その点シャルルマーニュに心配はなく、むしろ乱ペースの方が歓迎の口でしょう。

あとはバテてくる馬たちを上手く捌いて、かつ切れ味勝負にならないように早めに動く度胸が戸崎ジョッキーにあれば、ここは激アツな直線を見られると考えます。

今年最後の勝負。戸崎、最後は勝ってくれ!

シャルルマーニュが好位追走から直線抜け出すと予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました