マイラーズカップ 本命◎ヤングマンパワー

ヤングマンパワーはG1では大敗続きでも、G2やG3となれば話は別。

マイル重賞3勝馬ですが、その名前と頭の高い走法から人気になりづらいタイプ。

今回のマイラーズカップも人気がないですが、条件はかなり良いと考えます。

岩田、内から突っ込んで来いっ!ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は2016年の富士ステークスです。
ヤングマンパワーはスローペースを早目に仕掛けて押し切り快勝。イスラボニータを撃破しました。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ヤングマンパワーで単複勝負します!

推しの要素

ヤングマンパワーを狙う理由はベタですが、

  • 開幕京都で最内枠をGET。
  • スタート直後は譲り合いのスローペースになる(はず)。
  • エアスピネル比較で必然的に。詳細は以下に記します。
  • モズアスコットとサングレーザーは、枠の並び的に外を回す展開(なはず)。今の馬場で外差しは難しい。

こんな感じです。

まずエアスピネル比較については、これはオッズに歪みがあると感じる部分です。

昨年のマイラーズカップでは、エアスピネルは東京新聞杯以来、順調にレースを迎えて結果2着。そこから遅れること3/4馬身差でヤングマンパワーが3着でした。

トライアル戦を戦わせたら、2頭の差はこの程度です。

それで今年のマイラーズカップ。エアスピネルは昨年のマイルCS以来の休み明けで、しかも中山記念を回避しての参戦。
一方のヤングマンパワーは、桜花賞出走の長距離輸送を嫌った同厩のマウレアと共に栗東に滞在して、順調に調整をこなしての参戦。

昨年の3/4馬身の着差は、十分に逆転可能だと考えます。

まあ着差は展開などによって変わりますが、要はオッズに表れているほどエアスピネルとの差はないはず、しかも今回はトライアル戦だということです。

G1でガチに仕上げたらエアスピネルの方が強いことは、もちろん重々承知しています。


展 開

これも肝で、なぜヤングマンパワーはG2やG3では好走するのに、G1では大敗をするのか。

推測すると、G1の激流に対応できないから。
もっと具体的に言うと、テンから2F目までのペースが速いと、ヤングマンパワーはゴールまで脚がもたない、と考えるとしっくりきます。

だいたいG1では、ポジション争いのためテンから2F目が10秒台になりますが、このペースだとヤングマンパワーはダメ。
逆にヤングマンパワーが好走しているのは、ほとんどテンが遅い展開です。

で、今回はどうか。先に書きましたが、ハナに行きたい馬がいないので、おそらく譲り合いでペースが上がらないと読みます。

何かが押し出されてハナが決まると、その後ペースは流れるものです。しかも京都外回りは、3コーナー過ぎから下るので、テンのスローと相まって仕掛けは早いはずです。

内々の番手か3列目か、いずれにしてもインに拘る岩田ジョッキーが鞍上ですから、早仕掛けの展開ならば、インで我慢するヤングマンパワーが凡走することはまずないでしょう。

私自身の馬券成績が不調ですし、今日の福島牝馬Sでも、前走で狙ったキンショーユキヒメに今回勝たれる始末ですが、スタンスを変えず、いつもどおりに条件の良い馬を狙っていきます。

ヤングマンパワーが内から早目先頭でそのまま押し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました