オークス 本命◎クロノジェネシス

クロノジェネシスは、阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞と、G1ではあと一息というレースを続けています。

でも、クイーンカップを叩いたことから、もともとオークスこそ勝負レースとしていたローテなはず。

半姉が先週G1を制した血の勢いも後押しするでしょう。

 ポチッと応援いただけると嬉しいです! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

 
上の動画は2月11日のクイーンカップ。
クロノジェネシスは他馬より1キロ重い斤量を背負いながらも、手応え十分に楽勝してみせました。府中で瞬発力勝負ならば最右翼でしょう。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

クロノジェネシスで単複勝負します!

レースの大局観

今年のオークスの全体像は、こんな感じ。

  • 桜花賞が出走せず、絶対的な中心馬が不在
  • 超高速馬場
  • 内枠に先行馬が揃った

展 開

絶対的な本命馬が不在、超高速馬場、スローペース。
これはもう距離云々ではなく、末脚がしっかりした馬でないと勝負になりません。

ジョディ―が1番枠。コントラチェックが3番枠。
レーンはジョディ―を行かせて番手をキープし、スローで良しとするでしょう。
隊列があっさりと決まり、スローペースが濃厚。

この先行馬2頭の間の枠に収まったクロノジェネシスは、かなりレースがしやすい2番枠と言えるでしょう。難しいことを考える必要がなく、前2頭についていけばいいだけです。

おそらくレースの流れが落ち着き、誰も仕掛けずの直線勝負となるはず。そうなると上りの脚を持っている馬しか勝負にならない。クロノジェネシスが勝ち負けできない想像がつかないです。

北村友一も、2週連続G1で進路が詰まるとなれば、今の恵まれた騎乗依頼もなくなってしまうでしょうから、本人にとってもここは負けられないはずです。

クロノジェネシスが追い比べを制すると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました