フェブラリーステークス 本命◎アルクトス

本命◎予想

今年最初のG1フェブラリーステークスは、昨年同様、懲りずにアルクトスを狙います。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

アルクトスで単複勝負します!

レースの大局観

今年のフェブラリーステークスの全体像は、こんな感じ。

  • 土曜の夜から雨。脚抜きのいい重馬場になることほぼ間違いない。
  • ハナを主張したい馬がいない。思いのほかペースが上がらない想定。

展 開

アルクトスは過去のフェブラリーステークスでは2度の9着。
2度ともそれなりに人気してなので、イメージは悪いです。

ただ、ともに良馬場で、ハイペースを追走しての敗戦。
無理な競馬をしてしまったと言えるでしょう。

今回は、舞台が脚抜きのいい馬場になることほぼ間違いない。メンバー的にも、先行しそうな馬は番手で進めたい馬ばかりなので、ゴリゴリのハイペースにはなりそうもない。

過去2年とは馬場もペースも異なるでしょう。今度こそアルクトスにとって強い競馬ができる条件が揃いました。きっと田辺が上手く導いてくれるはずです。

アルクトスが直線抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今週の勝負レース_ガッツポーズの外国人男性

コメント

タイトルとURLをコピーしました