皐月賞 本命◎キラーアビリティ

本命◎予想

皐月賞は、キャロットと横山武史にとって背水の陣となるキラーアビリティを狙います。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

キラーアビリティで単複勝負します!

レースの大局観

今年の皐月賞の全体像は、こんな感じ。

  • 木曜・金曜と雨が降った最終週のBコースで、各ジョッキー内を避けた完全なる外差し馬場。日曜には良に回復するはずも、傾向は変わらないと想定。
  • ローテーションが多様過ぎて、比較対象が定まらないからか、大混戦のオッズ模様。

展 開

キラーアビリティは前走ホープフルSで、今回行われる皐月賞と同じ舞台で完勝。
1周コースの2000mでは2戦2勝と、折り合いの難しいキラーアビリティにとって中山2000mは、絶好の舞台です。

しかし、斉藤師と武史の共同インタビューから、絶好調と思わせる発言は出てきませんでした。
もちろん最終目標がダービーだからであって、皐月賞は100%の仕上がりではないと思います。

そうであっても、キラーアビリティが土曜夜の段階で4番人気は、いくら何でも舐められ過ぎ。
これは武史が前週までのG1の3戦で、キャロットの1番人気馬を全て馬券外へ飛ばしたことも一因でしょう。武史のせいばかりではないですが。

展開は、外枠の先行勢が出して行くはずなのと、グランドラインが同馬主のデシエルトのラビット役を務める可能性が考えられるので、スローペースは考え辛く、ホープフルSのような淡々とした流れになるでしょう。
これはキラーアビリティにとって好都合です。

ただし、外差しの馬場で内の4番枠は、正直微妙。
それでも土曜のパトロールビデオを見る限りでは、スタートしてスタンド前を通過する際には、各ジョッキーは内を避けるものの、ちょうど4番枠辺りの馬場を目指して走らせているので、ギリギリ許容範囲です。

1コーナーまで内に押し込められないように注意して、アスクビクターモアの後ろを取れれば、好位に収まれる枠であることは間違いなく、後は上手く折り合って脚を溜めながら直線で外に出せれば、勝てるはずです。

キラーアビリティが外から差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今週の勝負レース_ガッツポーズの外国人男性

コメント

タイトルとURLをコピーしました