フェブラリーステークス 本命◎ゴールドドリーム

ゴールドドリームは前走チャンピオンズカップで、8番人気の低評価を跳ね返す復活の勝利を挙げました。

そして今回のフェブラリーステークスは、ゴールドドリームが昨年も勝利している得意の府中マイル。

引き続き、鞍上にライアン・ムーアを迎え、ここは負けられない1戦でしょう。
一発狙いたい私でも、ここは逆らえない。

ムーア「ワタシ シッパイ シナイノデ」古いか、ポチッと応援お願いします!





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は昨年のフェブラリーステークスです。
ゴールドドリームは外を回して抜け出し1着。ベストの府中マイルでは負けられない!

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ゴールドドリームで単複勝負します!

ダート界の中心は揺るぎない!

ゴールドドリームを推すなんて無難過ぎるよ、と言われそうですが、今回は勘弁してください。

ダート界ではコパノリッキーが引退して、今回出走の8歳勢もやや勢いを落としつつあり、まさに世代交代が完結する手前です。

そんな中でテイエムジンソクが力をつけてきましたが、絶好の展開であったはずのチャンピオンズカップでゴールドドリームに惜敗。

私の見解では、これは着差以上に実力差を感じましたし、今後の伸びしろという点からもゴールドドリームに分があるでしょう。

シビアにモノを言いますが、鞍上や厩舎を見ても、G1の舞台でこの差は広がることはあっても縮まることはないと考えます。


展 開

ケイティブレイブが内枠を引き、目野師が良しとする逃げの手を打たざるを得ない。
スピードのあるニシケンモノノフが番手内々、ノボバカラは揉まれたくないし、内枠勢が出して行くこと確実でしょう。

これにインカンテーションとテイエムジンソクが続けば、序盤でスローはないと読み、昨年のフェブラリーステークスに近い流れを想定します。

ゴールドドリームは最高の枠に当たりました。
大きく出遅れなければ、何しろ鞍上がムーアなので、前を射程に入れつつ追走させることは、難しいタスクではないはずです。

あとは直線捌くのみで、末脚炸裂は間違いないでしょう。
安心して見ていられるレースを期待します!

ゴールドドリームが直線で外からまとめて差し切ると予想します。


ランキングに参加しています。

 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました