中山金杯 本命◎サンマルティン

いよいよ始まる2019年。
競馬とともに生きている私たちにとって、1年の始まりは金杯ですね。

今年は中山金杯を最初の勝負レースとします。

サンマルティンは過去2戦ともに惨敗も、敗因ははっきりしています。
毎日王冠は強敵相手でやむ無し。小倉記念は下がってきた馬の煽りを受けたことと、追い打ちをかけるような前残り。

一変しても驚けないない能力の持ち主ですし、鞍上はマーフィーで、しかもハンデ戦。ここは一発を狙ってもいいでしょう。

景気付けに、ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  


上の動画は昨年5月21日の京都OP特別、都大路ステークス。
サンマルティンは後方から直線突き抜け楽勝。エアアンセムやストロングタイタンに勝っているわけで、実力は間違いなく重賞級です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

サンマルティンで単複勝負します!

レースの大局観

今年の中山金杯の全体像は、こんな感じ。

  • Cコース替わりで内有利と思われる馬場
  • 人気になりそうな明け4歳馬が外枠
  • 逃げ馬タニノフランケルが最内枠ですんなりハナ
  • 目標にされそうなのが武豊マウントゴールド
  • ペースを上げたいスイッチャー不在

展 開

武豊マウントゴールドが番手に収まれば、この馬の好走は間違いなさそうですが、逆に言うと明確な目標となること確実なので、きっと何かに差されるでしょう。

枠の並びから隊列がすんなり出来上がって、ペースは序盤からスローに落ち着くでしょう。

内田ジョッキーが逃げる想定ならば、超スローの溜め逃げはせず、3コーナー手前からペースアップ。好位から中団で内を立ち回る馬を狙いたいです。

サンマルティンはマーフィーに乗り替わって、折り合いを怖がらずに乗ってくるでしょう。3列目の内か中目のポジションには収まるはずで、3コーナーのペースアップで脚を使わずについていければ、直線で弾けるはず。

前走の毎日王冠でもサンマルティンを狙い、まったく歯が立ちませんでしたが、今回はG3のハンデ戦。

冬の中山。有馬のブラストワンピースに続けと言わんばかりのハービンジャー産駒。

ポジションを取って道中は内で我慢して、直線で外に出すマーフィーの騎乗に期待します。

サンマルティンがゴール前で差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました