【安田記念 予想】 本命◎ロータスランド

本命◎予想

安田記念は、重賞2勝馬でG1連対経験があるロータスランドを狙います。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ロータスランドで単複勝負します!

レースの大局観

今年の本安田記念の全体像は、こんな感じ。

  • Cコース替わり2週目。直線は外伸び傾向になってきた。
  • 金曜日の雷雨の影響はないが、日曜のいつから降り出すか?降らない想定で入る。
  • メンバーレベルは、シュネルマイスターの実績が光るも絶対的かと言われると?全体的にそれほど高くない。
  • レシステンシアが外枠で強引に行くとは思えない。ペースはややスローか。

展 開

ロータスランドの好走パターンは、ある程度のペースを前々で追走して、直線で一気に抜け出し、ゴールまで粘り込む形。関屋記念や京都牝馬Sの重賞2勝ともにこのパターンです。

今年の安田記念は、先行馬が極端に少ないです。また、外枠になったレシステンシアは、武史の乗り方を考えると、無理してまでハナを主張するとは思えない。ハナは内枠を利してホウオウアマゾンでしょう。

こうなると、いつも抜群のスタートを切るロータスランドは、すんなりと内々の3番手に収まることが濃厚。いくらミルコでも、ゲートの上手なロータスランドならば、出遅れることはないかと。

人気上位のイルーシヴパンサーやシュネルマイスターは、基本後方からの競馬で、他馬はこの2頭の動き出しを待つはずなので、前が有利な流れになるはずです。

懸念点として、ロータスランドは府中マイルで1度大敗をしていますが、ハナに行ってしまったことで馬のリズムが悪くなったと考えます。左回りは新潟と中京で好走してますから問題なし。また、当時よりは今の方が、明らかに成長しています。

それと見逃せないのが斤量の経験で、安田記念は牡馬58キロで牝馬56キロです。ロータスランドは56キロで京都牝馬Sを勝っていて、これは他馬にはない強みと言えます。

外差し傾向が気になりますが、かつてロゴタイプが勝った時も外差し馬場の中で、1頭だけ最内へ舵を切って粘り込んだもの。
マークは薄いはずなので、ミルコが内を突いてゴールまで何とか持たせると思います。

ロータスランドが直線抜け出すと予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

安田記念_2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました