東海S 本命◎ピオネロ

本命◎予想

ピオネロはダートに転戦後、1着、1着、2着と良績を残しながら東海Sに出走してきました。

東海Sの位置づけは、1か月後のG1フェブラリーSに向けてのステップレースです。

昨年の優勝馬アスカノロマンが東海Sの連覇を狙って出走しますが、次走のG1を見据えているためここで100%仕上げてはこないでしょう。

アスカノロマンに勝負気配がなければ、ここ3戦のレース内容からピオネロは十分に太刀打ちができると思います。

なお金曜日が雨予報でしたが特に影響はなさそうで、土曜日からダートは良馬場で開催されています。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ピオネロで単複勝負します!

おそらく3番人気になると思いますが、確実に的中させておきたいです。

ダート転戦後の3戦

まず初ダートとなった白川郷Sは中京の1800m。

すんなりポジションを取って、直線抜け出し1着。

今回と同じ舞台で好走している事実は大きいです。

次はBSN賞で新潟1800mのオープン戦。

序盤のペースが早かったため好位追走から直線抜け出し1着。

2着モズライジンは白川郷Sと同じです。

そして前走がシリウスSで阪神2000mのG3に挑戦。

8番枠からスルスルとインに取り付き番手ポケットを追走。直線で逃げるマスクゾロがヨレたため追い辛くなってのクビ差2着。

ヨレたマスクゾロの秋山ジョッキーに過怠金10万円ですから、実質ピオネロ1着といってもいい内容です。

この時の3着馬がアポロケンタッキー。レースレベルの裏付けも十分です。




展 開

アスカノロマンが最内枠なのでこれがハナでしょう。

ショウナンアポロンとモルトベーネが先行して、初ダートのラストインパクトもスピードの違いからある程度前に行くはず。インカンテーションも先行したいが出遅れの可能性が半々でしょうか。

実力馬が行けば超スローは考えづらく、平均~ややスローでしょう。前に行っていないと勝負にならない展開を想定します。

こうなると立ち回りが重要で、ピオネロを狙おうと思った一番の理由がこれです。

ピオネロの過去3戦はテンの動きが素晴らしく、楽に先行できるだけでなく、好きな位置取りを狙うことが可能に思えます。

特にシリウスSで8番枠から逃げ馬の後ろ、インのポケットに取り付いた動きはなかなかのセンスです。

ピオネロは9番枠からアスカノロマンを見据えるいいポジションを必ず取れるはずで、福永ジョッキーが思い描くレース展開を実行できるでしょう。

ピオネロが序盤でポジションを確保し、好位追走から直線抜け出すと予想します。


※アメリカJCCは自信がないので止めにしておきます。ご承知ください。


お読みいただいたしるしに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


フェブラリーS 2015

コメント

  1. ダグラスホワイト より:

    先程、途中送信になってしまって…すみません
    ピオネロが福永騎手→川須騎手に乗り替わりなんですが…
    明らかに鞍上弱化だと思うんですが
    単複勝負だとこういうイレギュラーな場合は見送りですか?

  2. ジャモカ より:

    ダグラスホワイトさん、コメントありがとうございます。
    鞍上が福永ジョッキーだということを込みで選択しましたが、既に言い切っている以上、予想はこのままで行きます。前日予想の限界ですね。
    まだ検討の余地がある場合は、今回は見送りにした方がいいでしょう。明らかな鞍上弱化ですし、競馬は毎週ありますからね!
    1つ目のコメントは後ほど削除しておきますね。

  3. ダグラスホワイト より:

    まぁ、前日予想ではケア出来ない部分ですもんね~
    了解しました(^_^ゞ

タイトルとURLをコピーしました