マイルチャンピオンシップ 本命◎ペルシアンナイト

ペルシアンナイトは、しばらく結果を出せていませんが、ことマイルチャンピオンシップに限れば、昨年が2着で一昨年が優勝。

近走は休み明け、距離の問題、不利を受けたりなどにより結果が伴わなかったと見立てれば、今回得意の舞台で華麗な復活となっても、全く驚けない馬です。

ポチッと応援お願いします! 




単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  
   

 
 上の動画は昨年11月18日のマイルチャンピオンシップ。

ペルシアンナイトは、中団インから直線で前が開くのを待ち、抜け出そうとするもステルヴィオに寄られて何とか2着。スムーズならばあるいは、という内容で、この時期の淀のマイルは間違いなく合うという印象です。

応援クリックお願いします!
ありがとうございます!

ペルシアンナイトで単複勝負します!

レースの大局観

今年のマイルチャンピオンシップの全体像は、こんな感じ。

  • 高速馬場ではなく、内外フラットな馬場
  • 逃げ馬不在でスローペース濃厚
  • 内枠に先行勢が多いため隊列が定まりやすく、外枠は壁を作りづらい

展 開

ペルシアンナイトはこの枠ならば、内の先行勢の直後をすんなり確保して、好位からのレースとなるでしょう。

逃げるのはマイスタイルで、グァンチャーレが番手、インディチャンプ、ダノンキングリーも前を狙うはずで、外からダノンプレミアムという感じ。

大方前半はスローで、3コーナーの坂の下りからロングスパートという展開でしょう。

好位にいるペルシアンナイトは昨年や一昨年と同じで、直線半ばまでは脚を使わず我慢して先行勢に付いていき、前がバテたところで一気に脚を使って抜け出すという作戦でしょう。

一気の加速ではなく、徐々に加速する展開が見えています。毎年マイルチャンピオンシップペルシアンナイトが好走できる理由は、きっとこの展開が得意だからでしょう。

既に淀は高速馬場ではないので、ペルシアンナイトは府中でのキレ味勝負ではダノン2騎に勝てないでしょうが、この舞台ならば狙わない手はないと見ます。

ペルシアンナイトがゴール前で差し切ると予想します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
 
していただけると嬉しいです。





単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました